みんなでシェアしよう!

「考えるより、まず行動」その意味に裏付けされた成功の秘訣

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

あなたは「考えるより、まず行動」という言葉を耳にしたことがあるだろうか?

この言葉をよく口にする人間を熱血漢だとか、スマートではないと考えたことはないだろうか?

しかし「考えるより、まず行動」という言葉は、ビジネスの成功においてかなり的を得ている。

それではこの言葉の本当に意味を考えていきたい。

スポンサーリンク

「考えるより、まず行動」

1.行動するのとしないのでは、成功までのスピードが違う

TAI85_jumpbiz20140823105007_TP_V

こういう話がある。

ビジネススクールの卒業生1500人を対象に、「今すぐ夢を追いかけるか、それとも、まず先に経済的な安定に役立つ職業を選ぶか」という質問をしたところ、83%は「経済的な安定を確保してから夢を追いかける」と回答し、17%は「すぐに夢を追い、お金のことは後で考える」と回答した。

その20年後、夢だった仕事を選んだ卒業生255人のうち、100人が大富豪になっており、収入で仕事を選んだ卒業生1245人のうち、最終的に大富豪になっていたのはわずか1人だった。

このことからわかるのは、強い目的意識と志があれば考えるよりも先に行動したほうが成功に近いということだ。

安定を確保して(考えて)からでの行動では遅いということがうかがえる。

2.行動=成功を掴みにいくこと

wood-architect-table-work-large

行動は自分の行動半径を広くする。

行動半径が広くなると出会う人が増えたり、情報がたくさん入ってくる。つまり行動することによってビジネスチャンスや良い縁を引き寄せることになる。

逆に考えて行動にうつさない人は自分の中で完結してしまいがちで、結果行動に移すときにはもう機を逃してしまっている。

この内容から行動することは、成功を掴みにいくことと同意なのである。

3.行動して失敗の山を築く

nature-sky-sunset-man-medium

すぐに行動にしない人の多くが「失敗を嫌う」からである。

しかし失敗を常に恐れていては、何も進まない。もちろん考えてから行動すればあらゆるリスクヘッジはできるであろうが、失敗から学ぶことが極端に少なくなる。

成功に必ず必要な材料は「失敗」である。

新しいことを始めれば必ず失敗は生まれる。そしてどんどん失敗の山が築かれていくだろう。失敗の山はいつか財産に変わり、成功を生み出す材料となる。

考えるより先に行動し、人より高い失敗の山を築くのか。

失敗を恐れ、失敗の経験がないまま時間を過ごすのか。

どちらが成功を掴み取れるかは、容易にお分りいただけるだろう。

4.行動すると経験がつく

unnamed

行動することと、考えることの大きな違いは“経験”だ。

考えることは経験にならない。行動することによって”経験”になる。この経験があるのとないのでは、ビジネスマンとして大きな差がつくところだ。

そして”経験”はあらゆるシーンであなたの助けとなるだろう。成功経験にしろ失敗経験にしろ、その経験はあなたを裏切らないのだ。

そしてその経験はあなたの人生をも変えてしまう力をもっている。

まとめ

行動することを心がけ。失敗することを恐れず。常に成功を渇望していれば、自ずと体は動くのではないだろうか?

もし、なかなか行動できないのであればこちらを参考にしてほしい。

今のあなたは目標に向かって行動できているのか、自身を改めて振り替えってみてはどうだろうか。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。