みんなでシェアしよう!

チャットワークを社内連絡ツールにしよう

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

業務の効率化を行う様々なツールがあります。

その中でも、チャットワークというものをご存知でしょうか?

チャットワークとは、会社の業務やコミュニケーションを円滑に行えるツールなのです。

では、チャットワークにどのような機能があるのでしょうか?

スポンサーリンク

チャットワークの機能

グループチャット

複数人でグループチャットができ、仕事の管理や作業内容、ミーティング予定などを会話することができます。

こうすることで、上司は部下の業務内容の管理や作業内容を簡単に管理することができ、会話をチャットワークで行うことで、コミュニケーションを取れるようになっています。

タスク管理

相手に頼みたい、やらなければいけないタスクをチャットワークで送ることができ、依頼したタスクをお互いが管理することができます。

これで、タスクのやり忘れ防止につながり、仕事を円滑にすることが可能です。

今までメモを取っていたものを、web上で管理することができるので、とても便利になったと思います。

ファイル共有

ワードやエクセルをチャットワーク上で、共有することができます。

グループチャットで全体に送ることができるので、全員に見て欲しいものワードやエクセルの内容をチャットワークを利用するだけで、一瞬で送ることが可能です。

また、送られてきたワードやエクセルのデータは、クラウドからいつでもダウンロードでき、閲覧可能になります。

会社内の情報が漏れないのかという方がいらっしゃると思うのですが、サーバーとの通信は、すべて暗号化されていますので、セキュリティー面は安全なので安心して利用することができます。

チャットワークには、プランというものがあります。

無料に使えるプランと有料のプランがあり、有料のプランの方は3種類あります。

無料プラン

チャットワークに興味がある方は、無料プランからお使いすることをオススメします。

無料プランだからといって、使い勝手が悪いということはありません。

14のグループチャットを作ることができ、1:1のビデオ電話、5Gのストレージが使える無料プランになるので、結構使い勝手がいいと思います。

まずは、各部署から利用することで、チャットワークに慣れることができますよね。

有料のプラン

パーソナルプラン

このプランを使用する方は、個人事業主やフリーランスの方が多く利用されています。

無料プランとの違いは、無制限のグループチャットを作ることができ、複数人でのビデオ電話、10Gのストレージを使用することができます。

このプランは、一人あたり月400円(税抜き)で、値段もそんなに高くありません。

いろんなところから仕事が来る個人事業主の方には、この程金額で使うことができるので、オススメのプランです。

ビジネスプラン

中小企業の方がチャットワークを利用する場合は、このプランをオススメします。

複数人でビデオ電話を使用することができるのは同じなのですが、

  • 社員のアカウントを管理することができる
  • 大容量のストレージを使うことができる

この2点が大きく変わります。

また、一人あたり月500円(税抜き)で使用できます。

KDDI ChatWork

大企業や官庁向けのプランになり、使える機能が大幅に変わってきます。

  • 社外ユーザー制限機能
  • スマートフォン制限機能
  • IP制限機能
  • 外部SNS制限機能
  • ファイル送信・受信制限機能
  • 専用URL機能
  • チャットログ・エクスポート機能

と、このように使える機能が増えます。

このプランは、一人あたり月800円(税抜き)で利用ができます。

チャットワークを使うためのメリット

PAK85_sumahoman20141123104549_TP_V1

チャットワークを利用することで、毎朝のメールチェックにかけている時間を減少することができ、会議のためにその場所に集まる必要性も無くなり、ビデオ電話で会議をすることができます。

また、タスク管理を共有することができるので、タスク忘れ防止もできます。

このように、自分の仕事をしながら、チャットワーク一つで、複数人の仕事を管理し周知することができます。

これで、業務の効率化ができ、仕事を円滑にすることができるので、スムーズに自分の仕事をすることが可能です。

まとめ

このような仕事を円滑にするツールは、今からまだまだ世の中に出てくると思います。

しかし、自分の仕事をスムーズにしながら、他の人の仕事の管理もできるというツールは、チャットワークが群を抜いて一番だと思います。

会社にとっても、個人にとってもメリットしかないこのツールを使用していない方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

チャットワーク

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。