みんなでシェアしよう!

『ズボラ嫁必見!我が家の時短★作り置きお弁当レシピ 第1弾』

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

1カ月ぶりにこんにちは。絶賛妊婦な安壽佳です。

今回は、ズボラ嫁必見“加藤家の食卓”ということで我が家のお弁当レシピをご紹介します。

「OLな私、お昼は手作りお弁当♡」

「結婚したら、大好きな旦那様に毎日愛妻弁当を作って…♡」

そんなことを私は思っていました、過去に。

しかし、私にはどうしてもできないことがあったのです。

そう…早起き。

どんなに早く寝ても出勤時間ギリギリまで寝てしまう。

朝ごはん?いらないよ。食べないよ。その時間を睡眠に費やしたい私。

そんな私の朝の時間なので、結婚して半年経ちますが主人より早く起きたのは片手で足ります。

朝ごはんを食べない主人に心から感謝です。

さて、そんな私でもお弁当は毎日作ります。

まず、お弁当の大前提(わが家のルール)です。

1.既成の冷凍食品は使わない

→旦那から一言:嫌い。

→嫁から一言:美味しい。バラエティ豊か。安い。便利。意味がわからない。

2.ミニトマト禁止

→旦那から一言:ミニトマト嫌い。

→嫁から一言:色どりないですよ?茶色弁当ですよ?

3.おかずは4~5品

→旦那から一言:白ご飯一合食べられるだけのおかずが欲しい。

→嫁から一言:自分で作れよ…。

以上をふまえ、我が家のお弁当は…『8割冷凍弁当』です。

休みの日、時間がある日、体力がある日に5~6品一気に作ります。小分けして冷凍します。

朝はレンジでチンして、お弁当に詰めて完成です。 1もちろん前の日の夜ごはんの余りがある日は、それも追加します。

スポンサーリンク

それでは…スボラ嫁による、わが家の食卓大公開!!!

【とある日のお買いものリスト】

・挽肉300g

・10個入りの卵

・ピーマン

・なすび

・ちくわ

・きゅうり

・小松菜

・ツナ缶(家に常備)

・玉ねぎ(

・細切れ豚肉250g

・コーン缶(家に常備)

・ひじき

・油揚げ(冷凍庫に常備)

・にんじん

・切干大根

2

Let’s cooking♪♪♪

【豚肉の生姜焼き】

3

豚肉の細切れをプライパンへ入れ、火が通ったら玉ねぎ投入。

玉ねぎの色が変わったら、酒+醤油+生姜を入れて混ぜて完成。

4

【ピーマンのじゃこ和え】たまに、おかか。

5細かく切ったピーマンとじゃこ(おかか)。

6

ピーマンを先にフライパンで炒め、火が通ったらじゃこを投入。

酒+醤油で味付けて完成。

7

※じゃこやおかかは醤油ですぐ色が変わりますが、お弁当だから濃い味でOKです。

【卵焼き】

8

ボールに卵3個、塩少々、片栗粉少々、マヨネーズ少々、そして今回はネギを入れて混ぜあわせます。

9

10

普通に焼いて完成。

※ネギの他にノーマルバージョンや青のりバージョンもOKです。

【小松菜とツナの炒め】

11

小松菜の茎の部分→小松菜の葉の部分→ツナと順番でフライパンに投入。

12

酒+醤油(ほんの少し)+塩コショウ→鶏ガラの素で味付けですが、適当です。

【竹輪ときゅうりの付け合わせ】

13

切る→挿す→塩ふる

それでは、保存していきます。

【豚肉の生姜焼き】

4

14小分けにしてサランラップで包み、冷凍庫へ。

【ピーマンのじゃこ和え】

15

16小分けにして、冷凍庫へ

【卵焼き】

17

18一度に使う量だけ小分けし、サランラップで包んで冷凍庫へ

【小松菜とツナの炒め】

19

20小分けにして、冷凍庫へ

【竹輪ときゅうりの付け合わせ】

21

22一度に使う量だけ小分けし、サランラップで包んで冷蔵庫へ。

※ちくわも冷凍はできるのですが、私があまり好きではない。

こんな感じで冷凍庫で眠るお弁当のおかずたち。

23

『ズボラ嫁必見!我が家の時短★作り置きお弁当レシピ 第2弾』へ続く。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。