みんなでシェアしよう!

ケンタッキーがフライドチキン味の「食べられる」マニキュアを開発

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

本来マニキュアとは手の爪に色をつける化粧の一種だと思っていた時期がわたしにもありました。

と、いうか今回ご紹介する内容が少しおかしいからでしょうか?

香港のケンタッキーが食べれるマニキュアを開発したとのことです。何がないやらわかりませんが、詳細をお伝えします。

スポンサーリンク

ケンタッキーがフライドチキン味の「食べられる」マニキュアを開発

20160506100100開発したのは日本のケンタッキーではなく、香港のケンタッキー。

今のところ一般販売はされておらず、SNS上で「どの味をマニキュアを販売してほしいか」のアンケートをとっていることから、年内に商品かされるのではないかと、噂されています。

「何味のマニキュアがいい?」なんて聞かれててもびっくりしますが、このキャンペーンは香港KFCが掲げてきたFinger Lickin’ Good(指を舐めてしまうほど美味しい)」というキャッチフレーズを具現化(!?)した結果がケンタッキー味のマニキュアになったようです。

20160506100017

フライドチキンに使われている秘伝のスパイスを生産しているのはMcCormick社。そのMcCormick社と協業し、「Original」と「Hot&Spicy」の2種類の味を製作しました。

マニキュアなので2種類のカラーと言った方が正確なのかもしれませんが・・。

マニキュアとしての使用方法は通常のものと変わらず爪に塗り乾かすだけです。

ですが、このマニキュアはその先に「舐める」という変わった使い方ができます。もちろん味はケンタッキー味。

カラーは人気なようで春にぴったりな色と賞賛を受けています。

ケンタッキー味のするマニキュアがあなたにとって嬉しいものなのかは、個人の意見にお任せしますが、少なくとも台湾KFCのプロモーションとしては大成功間違いないでしょう。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。