みんなでシェアしよう!

できる営業マンはやっている『メラビアンの法則』とは

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

意識が高い人は、聞いたことがあるかもしれません。

人は見た目が9割

人は、第一印象で決まる

この言葉はある法則から来ています。

それが『メラビアンの法則』です。

それは、アメリカのアルバート・メラビアンという心理学者が提唱した法則。

今回は、それが何か。上手く使えばどうなるかを書いていきます。

スポンサーリンク

メラビアンの法則とは

PAK86_akusyuwomotomeru20131223_TP_V

聞き手が話し手のどこに一番影響を受けているかの比率を表したものです。

見た目(視覚情報)・・・55%

・表情

・髪型

・服装

・身振り

話し方(聴覚情報)・・・38%

・話すスピード

・声の大小

・声の高さ

内容(言語情報)・・・7%

・話の内容

・言葉の意味

数字を見て分かる通り、

話の内容は、実はあまり重要ではないのです。

聞き手が、聞きやすい、話が面白いと思う条件は話している相手の動きと話し方で9割決まっているということです。

例えば、テレビ通販のジャパネットたかたの高田社長が商品を説明するとワクワクしたり、良い商品のように感じますよね。

でも、よく考えると案内をしている商品はどこにでも売っている商品です。

これが、メラビアンの法則です。

この法則を使えるようになると様々なことが上手くいくかもしれません。

ですが、そう簡単に使えるものではありません。

まず、使えるようになるにはどうすればよいのでしょうか。

良い第一印象の与え方

OOK99_facebookiine20131223_TP_V

①笑顔を絶やさない

誰かと話す時は、まず笑顔を心がけましょう。

人の第一印象とは、対面してから3~5秒で決まります。

ムスっとした顔よりも明るい爽やかな笑顔の方が楽しいですよね。

前歯が少し見え隠れする程度でOKです。

②髪型と服装に気を付ける

髪がぼさぼさ、シャツがシワだらけでだらしないといった

いわゆる清潔感が無い見た目だけは避けましょう。

③相手の目を見て会話をする

目をきょろきょろさせず、相手の目を見て会話をしましょう。

それだけで、相手も話を親身に聞いてくれていると感じてもらうことも出来ます。

④少し早めに話しましょう

たらたらと話すよりも、少し早めに話すと相手も聞いていて楽です。

また、少し早めに話すことで話に信憑性が増します。

⑤相手が話しているときは、相槌をいれてあげましょう

相手が話しているときは、聞き上手に徹しましょう。

いかかでしょうか。

メラビアンの法則が上手く使えるようになることで良い印象を相手に与えることができます。

その他にビジネスにも活用できるので、見てみましょう。

ビジネスシーンでの例

a1640_000045

①会議でのプレゼンが評価される

会議や、プレゼンメラビアンの法則が一番威力を発揮します。

声のトーンや、声量を考え分りやすく、身振り手振りを上手に使いプレゼンをしましょう。

あなたの話に全員が聞き惚れ、分かりやすいと好評になるかもしれません。

②営業成績が向上

対面でお客様と会話をする機会が多い営業マンは、

見た目や話し方が最大の武器でもあり、逆にそこだけで戦わなければならない仕事です。

あなたは、この法則を学んだことで今まで以上にお客様から信頼をおかれ、説明が分かりやすい営業マンがいると口コミで成績が上がるかもしれません。

③組織のリーダーや、教育担当に抜擢される

説明が分かりやすい、話を聞いていて不快じゃないということは多方面で活躍出来る人材であるということです。

この法則をマスターしたあなたには多くの可能性が待っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

資格ではないので、習得出来たかどうかは実践でしか分りません。

ですが、今日から少しずつ意識をすることで気付けばトップセールスマンになっていたということもあるかもしれません。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。