みんなでシェアしよう!

応募がこない求人広告の共通点と避けるべき文言

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

会社の人材確保のために、求人情報誌・サイトなどを使って募集をかけたのにもかかわらず、全然応募がこないという状況を採用担当者の方は経験したことがあると思います。

応募がこないこないのには、応募条件が厳しすぎたり、仕事内容の割に賃金がよくなかったりなど様々な理由が考えられます。

また、求職者の方に必要な情報が載せれていない場合もあります。

この求人のかけ方では、会社に人が集まらず、人材不足になるのは目に見えています。

では、応募のこない求人とはどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

応募がこない求人

GREEN_I20140125_TP_V1

募集の詳細が不透明

求人が掲載されている募集要項に雇用形態や就業形態などが必ず書いてあると思いますが、その内容が不透明な場合は、応募がこないことが多いのです。

なぜかというと、応募者が”ブラック企業なのでは?”といったことを思わしてしまうからです。

少し前から話題になっている”ブラック企業”に誰でも進んで入りたくはありませんよね。

募集媒体の違い

求人情報誌・サイトなどいろいろな媒体で、求人情報を見ることができます。

その媒体によって、見ている年齢層が違い、会社の欲しい人材の年齢層と一致しないと応募の数は増えることはありません。

今までの求人のかけ方で応募がこない場合は、求人の募集をかけている媒体を見直す必要があるでしょう。

ハローワークや新聞で求人を出している企業の方は、インターネットで求人をかけるように媒体を変更をするといったように変えるということになります。

新卒の人材が欲しいのであれば新卒がよく見るサイト、経験者が豊富な転職者が欲しいのであれば転職者がよく見るサイトなど、今の求人サイトは多種多用になってきているので、人材が欲しいなら活用すべきです。

仕事を探している応募者にとって、応募する会社がブラック企業なのかどうかを真っ先に判断します。

では、どのような文言が、応募者にとってブラック企業だと判断されるのでしょうか?

ブラック企業と思われる求人の文言

Green19_taisyoku20141123133801_TP_V1

ノルマはありません

おそらく営業職の求人掲載文でよく見かけると思います。

この文言だけを見ると、楽な仕事と思ってしまい応募してしまう方が多いようです。

しかし、この文章だけではどのような仕事内容で、なぜノルマがないのか、営業方法はどのようにしているのかなどはっきりと明確にされていません。

やる気があれば大丈夫

まず、やる気の判断基準が明確ではないですし、この仕事が精神力が必要なのか、体力が必要なのか、両方必要なのかが不透明です。

おそらく、このような文言を使って求人をかけている会社に就職したとするならば、ボロ雑巾のように使われてしまうことが多いでしょう。

年収1000万円も可能です

この文言は、年収1,000万円が可能な理由が書いていない場合が多く、実際にもらっている人の割合も公表されてないはずです。

また、歩合や賞与がどのようにしてもらうことができるのかも公表されていないことが多いです。

詐欺まがいな仕事をさせられる可能性もありますので、十分にご注意ください。

年収1000万円にするには、簡単ではないということも覚えておきましょう。

人物重視の採用です

人物重視という文言を見たら、会社の言うとおりに動く人材が欲しいと思っておきましょう。

その会社に就職したら、上司から仕事を押し付けられて断れない人を雇い、働き続かせようというような会社なのかもしれない可能性があります。

飲食店の場合は、人と接する機会が多いサービス業なので、人物重視の採用は納得できますが、他の業種の場合は、なぜ人物重視の採用なのかを自ら考えたほうがいいのかもしれません。

三ヶ月に1回賞与があります

ほとんどの会社の賞与は、夏と冬の2回だけですよね。

このような求人の文言が書いてあれば、ものすごく魅力的だと思います。

しかし、この文言の魅力に惹かれて、求人に応募してしまうと大変な目にあう可能性があるのです。

どのようなノルマがあり、賞与の査定基準が明確でない場合があります。

これでは、お金で人を釣っているとしかいいようがないですよね。

まとめ

ブラック企業だと思われる求人のよく見かける文言は、紹介した以外にいろんな文言があります。

採用担当者の方は、このような文言を使って求人をかけていませんか?

もし、そうであれば今すぐ求人の文言を考え直した方がいいと思います。

応募がこない求人は、募集要項が明確になっていなかったり、不透明になっていることが多いです。

募集要項の文言を何度も読み返し、ブラック企業と思われる文言を使っていないか、内容がはっきりとしているかを確認してから、求人を出すようにしましょう。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。