みんなでシェアしよう!

ペルソナ設定のメリットと設定方法

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

ペルソナはマーケティングにおいて重要な役割を果たします。

ターゲットを絞ることによって、良質なお客様や顧客を獲得できます。逆にペルソナがしっかりしていないと無駄な広告経費をかけたり、商品の訴求ポイントをぶれさせてしまうことがあります。まずターゲットを絞らなければマーケティングができないため、

それではまずペルソナについてお話しします。

スポンサーリンク

ペルソナとは

そもそもペルソナとは、顧客の人物像のことです。実際に理想の人物像を満たす顧客を探すのではなく、架空の顧客像を描くことになります。

従来のユーザープロファイリングでは性別・職業・年齢などの属性から特性を明らかにするものでしたが、ペルソナはさらに深く趣味趣向や価値観にも注目します。よ

またペルソナを設定することで、マーケティング効果が向上します。

それでは具体的にペルソナを設定することで、マーケティング効果がどのように向上するのでしょうか?

ペルソナ設定によるメリット

ペルソナを設定することで3つのメリットがあります。

①. 思い込みや意識のズレがない、ユーザー視点をもつことができる

hands-people-woman-working-large

ペルソナを設定することで、マーケティングチーム内での共通の認識を得ることができます。

例えば、従来のプロファイリングで決めた人物像が「都内在住の30代男性」だとすると、チームの面々は少ないターゲット情報でそれぞれの人物像を浮かべるでしょう。

それだけの情報ならば、今まで出会った人の中から当てはまる人を想像したり、または朝電車で見たサラリーマンを想像してしまうでしょう。このようにチームの面々が想像する「都内在住の30代男性」のイメージがバラバラのまま議論してもなんの生産性も持ちません。

だからこそペルソナを設定し個人的な想像の範疇を制限し、共通の理解で議論することができようになります。

②. ユーザーの実態に対する理解が深められる

pexels-photo-12628-large

大雑把なターゲティングでは、ユーザーを理解することが難しいです。

先ほどの例でいうと「都内在住の30代男性」だけで、その人の性格がまでは想像しにくいと思います。

ペルソナを設定することにより、「(ペルソナの)〇〇さんならこういった行動をする」「〇〇さんならこう思うだろう」と、ユーザー目線で考えることができます。

そこまで考えることができれば、宣伝方法やコンテンツ作りの意思決定がしやすくなります。

③. マーケティング施作がシュミレートできる

startup-photos-large

ペルソナを設定することによって、その行動範囲や思考を明確化した人物像ができまがります。

その想定をもとに、いつ、どこで、そんな訴求をし、商品購入まで繋げるかというシナリオを作ることができます。これをコミュニケーションシナリオと呼ばれます。

大雑把なユーザープロファイリングだけでは行動や思考までは想定できないため、趣味レーションができません。

ペルソナの作り方

①. ターゲットを設定

まずは、顧客のセグメントを検討します。この段階ではあなたが持っている販売のデータや過去のマーケティングからターゲットを検討します。

もちろん従来のユーザープロファイリングだけではなく、事細かな詳細を設定する必要があります。

②. ターゲットに関する情報を集める

ターゲットの設定が決まったら、そのターゲットに当てはまる人物にインタビューやアンケートをし情報を得るのが一般的です。

個人の想像だけで作り上げたペルソナでは意味がないため、なるべく直接ヒアリングすべきです。

またインタビューすることによって、あらかじめ予想したターゲットの思わぬ心の動きや、生活が明らかになります。はじめは身の回りの人から聞いていくことから始めてください。そこで十分な情報が得られなければ、その他インタビューやアンケートに参加してくれる人を見つけるか募るべきです。

大まかな目安として5人ほどインタビューできれば、ペルソナを設定する十分な情報を引き出すことができます。

引き出す情報としては、その人の生活リズムや行動や考え方や不満などがあればいいでしょう。

③. グルーピング

インタビューした結果をグループ分けします。インタビューから得られた情報を付箋などに書き共通項目があるものをグループにわけます。

④. ペルソナの人物に落とし込む

グルーピングした内容を基にペルソナとなる人物に当てはめていきましょう。

この時点で、ペルソナの基本属性や生活リズム、あなたの製品への興味関心などが、はっきりとイメージすることができるまでになっていないとなりません。

具体的に、そのペルソナを物語風で仕上げることを意識し、「どうしてその行動を取るのか?」という意思決定する動機や理由に着目することを心がけましょう。

まとめ

ペルソナを設定するのにもっとも重要な部分はどれだけセグメントに近いリサーチをしどれだけの情報を引き出せるかにあります。

ペルソナの密度は濃い方がいいですが、数に関しては複数あっても問題ありません。状況に応じたペルソナを用意してください。

コンセプトが曖昧であったり、ターゲットが定まっていないブランドはペルソナ設定をすることで、事業がぶれずに成り立ちますのでぜひ取り入れてください。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。