みんなでシェアしよう!

20代が転職するために気をつけるべきこと

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

20代の社会人の皆さんは、今の仕事から転職を考えたことはありますか?

20代のうちはまだまだやりたいことをできる歳なので、転職することに関して気軽に考えている方が多いと思います。

どのような理由で転職する20代が多いのでしょうか?

スポンサーリンク

転職理由

20代の社会人の転職する理由は、

  • 他にやりたい仕事がある
  • 会社の将来性が不安
  • 給料に不満がある
  • 残業が多い
  • 休日が少ない

などこういった内容が多いようです。

「他にやりたい仕事がある」「給料に不満がある」といった理由は、自分はまだまだできるといったようなポジティブな理由だとみることができます。

このポジティブな理由とは逆に、「会社の将来性が不安」「残業が多い」「休日が少ない」といったネガティブな理由もあるのです。

上司に休暇を申し出にくかったり、その会社の仕事内容がものすごく多かったりと20代ならではといったところでしょうか。

20代の転職メリット

20代の社会人が転職するメリットは、

  • 他の年代よりも求人数が多い
  • 社会人経験が増す
  • 自分にやりたいことにチャレンジできる
  • 未経験業種にチャレンジできる

などのメリットがあります。

20代の若い人材が欲しい企業の数は多いので、他の年代に比べて求人数が多いのは確かです。

また、未経験の業種や自分のしたいことにチャレンジをすることができ、その経験が自らの社会人経験をますことにもなります。

まだまだ未知なる可能性を秘めているので、20代のうちにいろいろ経験することはとても重要です。

20代の転職デメリット

20代で転職するデメリットは、

  • 実績が乏しい
  • すぐ辞めると思われる
  • 同じ年代で採用するのであれば、新卒を採用しやすい

経験が浅くスキルが不十分だと思われてしまう可能性があります。

また、前の会社の勤務年数があまりないとすぐ止めてしまうのではないかと思われることがあり、その場合であれば、同年代の新卒を採用した方がいいと考える企業が多いようです。

20代に人気の転職サイト

20代で転職を考えていても、どの転職サイトがいいのか困ってしまう方がいると思います。

その方のために、転職サイトをまとめてみました。

マイナビエージェント

自分の市場価値を見出し、転職のプロのカウンセリングを受けることで、あなたの転職をサポートしてくれます。

世に出回っている求人の他に、マイナビエージェントだけが持っている非公式の求人があるので、求人数が数多く保有しています。

また、転職が成功するノウハウも伝授をしてくれます。

転職後のサポートも充実しているので安心して利用することができます。

マイナビエージェント

はたらいく

地元・地域密着型の転職サイトになります。

UターンやIターンなどで地方で働きたいという方にオススメです。

地域性が強いので、就職で地元から離れて、転職を地元でしたいと考えている方は、このサイトを利用してみたはいかがでしょうか?

はたらいく

リクナビNEXT

転職を考えている人が見るサイトの中で、定番の転職サイトになります。

求人の数が豊富で、様々な業界の求人を保有しているので、あなたにあった転職先が見つけやすくなっています。

まだ、職種や業界を絞り込めていない人は、この転職サイトからみた方がいいかもしれません。

リクナビNEXT

DODA

キャリアコンサルタントのパートナーが、あなたの転職をサポートしてくれます。

通常の求人の応募もでき、スカウトやヘッドハンティングなどのサービスを受けることができるので、年収アップのための転職を考えているかたにオススメです。

DODA

20代の転職で気をつけるべきこと

MAX87_burankodekodoku20140531_TP_V1

ポジティブな転職ならあまりいうことはありませんが、中にはネガティブな転職を考えている方がいるのも事実です。

就職する前と後で聞いていた仕事とは違う仕事をさせられていたり、職場の人間関係で悩んでいたりなど、様々な思いがあると思います。

こういった状況で、誰にも相談できずに悩んでしまい、勢いだけで転職してしまう前に注意しておかなければいけないことがあります。

  • 他人の会社の話を聞いて転職を決断しない
  • 転職する会社で自分が働いているところを想像してみる
  • 現実逃避をしている可能性がある

この3点に注意しなくてはいけません。

他人の会社の話を聞いて転職を決断しない

会社での悩みや不満がある時に、友人や知り合いの会社の待遇がいい話を聞いてしまうと誰でも転職してくなるものです。

しかし、それだけで転職を決意してしまうのは良くありません。

20代は、勤続年数が低いこともあり、長くその会社に勤めることで、今不満に思っている待遇が良くなる可能性もあるからなのです。

会社の不満に耐えきれず、そのままの勢いで転職してしまうと、あとに後悔してしまうことがあるので、慎重に考えましょう。

転職する会社で自分が働いているところを想像する

転職する会社を決めてしまう前に、その会社で働いている自分を想像してみてください。

想像ができないのであれば、転職を一度待ったほうがいい可能性があります。

会社の名前だけで転職する会社を決めたり、年収が高いなどといった理由だけで会社を決めてしまうのはやめておきましょう。

知名度の高い会社名や年収が高いという理由だけで、職場の人間関係がいいとは限りません。

その会社に転職して、人間関係が良く無さすぎて、退職してしまっては転職の意味がないですよね。

転職する会社を決めたのであれば、自ら企業分析を行い、説明会などにいき、働いている人の生の声を聞いてから転職を考えることをオススメします。

現実逃避をしている可能性がある

あなたが今している仕事が嫌になったり、職場の人間関係で悩んでいたりなどしていると転職を考えたくなるものです。

しかし、それで転職を決めるのは、少し待ったほうがいいのかもしれません。

仕事がつらい、周りと合わないといった理由で転職してしまうと、どの会社にいってもあなたの不満が解消されるわけではありません。

仕事がつらいのであれば上司に相談したり、周りと合わないと思うのであれば、同僚や先輩に相談したりと今の働いている状況を自ら改善してみようと考えてみることです。

自分でも改善できないのであれば、転職を考えたほうが良いですが、改善の余地があるのであれば、もう一踏ん張りしてみてもいいのかもしれません。

まとめ

20代で自分のためのキャリアアップのために転職という、自らの周りの環境を変える行動に出ることは素晴らしいことですが、ネガティブな理由での転職は一度考え直したほうがいいかもしれません。

20代で転職回数が2回以上だと次の転職には不利というデータがあるくらいなので、踏ん張れる精神力がまだあるのであれば、転職を考えず、今できることの最善の行動をしてから、転職を考えましょう。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。