みんなでシェアしよう!

30代の転職で気をつけるべきこと

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

どの年代になっても、転職を考えてしまうものです。

以前書いた「20代の転職」に続き、30代の転職のことについてご紹介したいと思います。

30代で転職するのはなかなかと勇気がいると思いますが、どのような理由が多いのでしょうか?

スポンサーリンク

30代の転職の理由

write-ec3cb20c2b_640

転職する理由は、人それぞれ違いさまざまな理由があると思いますが、どういった内容の理由が多いのでしょうか。

・会社の将来性が不安

・他にやりたい仕事がある

・専門知識や技術力を身に付けたい

・経験と知識を積みたい

などの理由が、30代の転職に多いようです。

「会社の将来性が不安」と「他にやりたいことがある」は、20代の転職理由と全く同じで、将来の不安や自分のしたいことをやりたいと思っている人が多いです。

しかし、20代と違うところは、「経験と知識を積みたい」と「専門知識と技術力を身に付けたい」といったところでしょうか。

今までの経験や知識をより深くしたいという、自らのレベルアップを図りたいという人が多くなるようですね。

30代での転職のメリット

30代で転職するメリットは、

・収入アップが見込める

・経験を生かせる

・未経験の業種に飛び込める

・転職後の人生設計を立てやすい

などのメリットがあります。

今まで仕事をしてきた経験を生かすことでき、今の収入よりもあがる可能性があります。

そのため、転職後の人生設計を立てやすくなります。

また、35歳までなら未経験の業種に飛び込むことができるので、仕事の幅が広がることでしょう。

30代の転職のメリットは、20代の転職とは違い、経験を評価してもらえることができるのが大きなメリットだと言えます。

30代での転職のデメリット

30代の転職のデメリットは、

・35歳というタイムリミットがある

・仕事場の先輩が年下の可能性がある

・「脱サラ」の場合は自己責任

・気軽に転職を考えることができない

などの理由になります。

未経験の業界にチャレンジできる年齢が35歳までと、どの業界でも主流になっています。その年齢までのタイムリミットがあるので、気軽に転職の決断をすることができなくなり、悩む時間はあまりありません。

また、転職をした場合、あなたの上司があなたよりも年下の場合があります。この時に変なプライドがあると職場関係や仕事が円滑に進まない場合がありますので、上司が年下でも気にしないということができなければいけません。

30代の転職に多いのは、「脱サラ」をする方が多いようです。

今までは会社に就職していてある程度会社に守られていましたが、フリーランスや個人事業主として自営業で仕事をすることを考える方は、責任はすべて自分で取らないといけないという覚悟を持って「脱サラ」をしましょう。

さらに、結婚をしている方ならば、なおさら転職について考えなければいけません。

30代に人気の転職サイト

「20代の転職で気をつけるべきこと」で紹介した転職サイトが、30代でも多くの方が利用されています。

そのサイトは、「20代の転職で気をつけるべきこと」を参考にしてください。

では、30代の方の役職で転職できる転職サイトをご紹介します。

BIZREACH

管理職や専門職の求人が多い転職サイトです。

自らの仕事の質を上げるための転職を考えている方は、このサイトを利用してみましょう。

また、このサイトは、国内だけではなく海外の求人も取り扱っているので、グローバルに活躍したいという方にもオススメです。

BIZREACH

Geekly

IT・Web・ゲーム業界の転職に強いサイトになります。

専門性の高い転職サイトになりますが、この業界での転職を考えるなら、このサイトがいいでしょう。

また、コンサルタントがついてくれるので、安心して転職の準備や活動が行えます。

Geekly

30代の転職で気をつけるべきこと

30代の転職で気をつけなければいけないことは、

・同業種に転職しても、自らの成長が止まる可能性がある

・転職した先で「前の職場は…」などと発言すると、嫌われる可能性がある。

・転職の決断は、慎重にすべき

となります。

転職先を同業種にしてしまうと、今までやってきた経験や知識を使うことはできるのですが、自らの成長を止まらせてしまう可能性があります。

これは、慣れた仕事を経験と知識だけで行っているので、新しい発想が浮かばなくなるからです。

こういった場合もあるので、転職する時は、同業種よりも異業種に転職してみると自らを成長できる可能性が出てきます。

また、転職した際に言ってはいけないNGワードがあります。それは、「前の職場はこうだった」など会話をしてはいけないことです。

話を聞いている方からすると、「前の会社に戻れば?」となってしまい、職場環境を悪化させる原因になります。

30代から転職するのは、ものすごく勇気のいることです。しかし、20代の勢いで転職を決断するのはやめましょう。

30代を過ぎてからの転職はなかなかできないものなのですし、転職した業種で自分の仕事を定年まで続けれる仕事がどうかを考える必要があると思います。

まとめ

30代の転職は、自らの人生の決めることと言っても過言ではないと思います。

しかし、転職を決意し会社を退職する場合は、転職先を決めてから退職届を出した方がいいでしょう。

退職届のほうを先に出していまうと、長時間労働やボーナス・給与が減給になる可能性があるので、転職をする場合は、会社にばれないようにすることをオススメします。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。