みんなでシェアしよう!

40代の転職に気をつけるべきこと

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

おそらく、20代や30代に比べてあまり多くはないと思いますが、40代で転職を考えている方はいます。

では、40代で転職する理由はどのような内容が多いのでしょうか?

スポンサーリンク

転職理由

Pixabay_bb4e39c09d2c4250_1000h

40代で転職をする理由は、

・会社の将来性が不安

・倒産・リストラにあった

・業界の行き先が不安

・給与に不満がある

といった内容が多いです。

「会社の将来性が不安」は、20代・30代と同じで、どの年代にも共通して言えることだと思います。

また、「業界の行き先が不安」も同様のことが言えます。

40代ならではの理由が、「倒産・リストラにあった」という内容になり、20代・30代の方にはない理由です。

ある程度の役職についている方が多い40代で、給料もある程度高いはずなのですが、「給料に不満がある」といった理由で転職をする方もいるようです。この場合の転職は、ヘッドハンティングで、転職する方が多いのではないでしょうか。

40代の転職するメリット

40代で転職するメリットは、

・人脈を武器にできる

・転職希望者が少ないので、競争率が低い

・同業種に転職しやすい

40代は、30代の経験や知識より深いもの持っているので、同業種に転職をしやすくなります。また、経験や知識だけでなく、人脈も多いので、持っている人脈の価値で転職が成功する確率が上がります。

20代・30代に比べて、転職希望者が少ないので、競争率が低く比較的転職しやすいのですが、求人の数も少ないので、求人を選ぶことはできなくなっていきます。

40代の転職のデメリット

40代の転職のデメリットは、

・未経験での求人が少ない

・転職による年収ダウンは避けられない

・出世しにくくなる

といった内容になります。

20代・30代の未経験の求人より40代の未経験の求人の方がかなり少なくなります。

この年代から異業種にチャレンジすることより、今の仕事をし続ける方がいいのかもしれません。

転職していくと、今の会社の給料から年収がアップするよりも年収が下がるということを頭に入れておきましょう。

20代・30代の転職とは違い、40代の転職は、すればするほど年収が下がる認識をしておいた方がいいでしょう。

また、40代で転職では、出世することは難しい状態になります。

40代の転職に気をつけるべきこと

40代の転職で気をつけるべきことは、

・転職先の会社で、天狗になる人が多い

・40代で転職してしまうと出世ができない

・リストラ・倒産などの場合は早急な転職活動をすること

になります。

転職先の会社で天狗になってしまうのは、前の職場の功績を転職先の職場で持ち出している可能性があります。

「30代の転職で気をつけるべきこと」でも紹介したように、前の職場はこうだったなどの発言は、周りの人の気持ちを不愉快にさせる可能性があるので、やめておきましょう。

また、40代で思い切って転職をした方は、その会社では出世できないことを覚悟の上で転職しましょう。前の会社を続けていれば、部長クラスになれていたのに、転職した場合は、係長や主任クラスで止まってしまう場合があります。

しかし、リストラや会社が倒産してやむなく転職せざるをえない場合は、この状況に当てはまらない場合があります。この場合の転職活動は早急に行うことをオススメします。

まとめ

20代や30代とは違い、簡単に転職を考えれない40代ですが、転職を有利にする武器を40代は持っています。

それは、“人脈”です。

40代は、知識や経験を豊富に持っているのですが、20代・30代よりも人と出会っている数が違います。

この”人脈”を武器に、転職活動を有利に進めてください。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。