みんなでシェアしよう!

失敗しない共同経営とは 〜共同経営のメリット・デメリット〜

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

PAK85_oyakudachisimasu20140830_TP_V

一人で事業を始めようと思うと、莫大な資金が必要になります。

起業のためにお金を貯めている方は、その資金で事業を立ち上げることができるのですが、そうでない方は資金集めから始めないといけなくなります。

資金を集めを行ってもお金を貸してくれる方は、簡単には現れません。

資金集めに困っている方は、ビジネスパートナーを見つけ、共同経営という形態で会社を立ち上げ、事業を行うことができる方法をとっている方が多いのです。

では、共同経営とは、どのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

共同経営とは

一つの事業を二人以上の人が、対等な関係であり、協力しあって会社経営を行う形態のことを共同経営と呼びます。

自分と同じ目標や目的を持っているビジネスパートナーを探し、お互いの利益を損なわないよに経営を行うのです。

経営者が二人以上いることになる共同経営の会社になるメリットはあるのでしょうか?

共同経営のメリット

共同経営のメリットは、

・協力し合える

・合理的に仕事ができる

・緊急時に助け合える

・相談できる相手がいる

があります。

一人で起業することは、とても孤独であり、一人で全てのことをしないといけません。

しかし、共同経営をすることによって、二人以上で仕事を協力して行うことができ、お互いの役割を明確にできるので、仕事を合理的に行うことが可能です。

また、共同経営をしている誰かが体調不良や事故などをしてしまった時は、助け合うことができたり、相談できる相手がいてるので、会社の悩み事を一人で抱えることはありません。

これだけを聞くと、一人で起業するより共同経営の方がいいのではないかと思う方がいると思いますが、共同経営を行うにあたってのデメリットも存在するのです。

共同経営のデメリット

共同経営のデメリットは、

・経営が悪化するとトラブルが起きやすい

・会社の方向性を決める意思決定が遅い

・詐欺に遭う可能性がある

があります。

経営が悪化すると、お金が絡んでくるので共同経営者同士のトラブルが起きやすくなります。

責任のなすり付け合いや、利益分配などで揉めるケースが多いようです。

一人で起業した場合は、会社は自分のものなので、会社の方向性をスムーズにきめることができます。

しかし、共同経営の場合は、一人の意思で会社の方向性を決めることができず、話し合いで方向性を決めることになるので、会社の意思決定が遅くなってしまいます。

共同経営するビジネスパートナーのことをきちんと理解していないと詐欺に遭う可能性があります。

この事業の経営をしたことがあると言ってあなたに近づいてきて、共同経営を行うことになったけれども、実は経営の知識が全くなく、仕事をせずに会社のお金を持ち逃げするという詐欺に遭う可能性があります。

ビジネスパートナーを見つける時は、十分に気をつけましょう。

さいごに

共同経営のメリット・デメリットを踏まえた上で最も重要な点は、共同経営するにあたってビジネスパートナーを見分けられる能力を先に身につけなければいけないことだと思います。

一人で起業する場合とは異なり、他人と会社の経営を共有するので、自分の目標やビジョンをお互いに共有ができるビジネスパートナーを見つけないことには、共同経営が成功する可能性は低くなります。

共同経営を成功するためには、お互いの良好な関係を築くことができるビジネスパートナーを探さなくてはなりません。

また、共同経営とネットで検索すると「共同経営は必ず失敗する」といった内容の記事が多いですが、個人的にはそうは思いません。

共同経営を失敗している方のほとんどが、利益の分配や方向性の違いの理由で失敗している可能性が高いのですが、先ほどにも言ったようにお互いの目標やビジョンを共有ができていないのではないでしょうか。

その他の理由もあるとは思いますが、お互いが同じ方向を向かないことには、共同経営はうまくいかないでしょう。

もう一つ、共同経営をするにあたって、決めるべきことがあります。

それは、共同経営者の誰かを上に立たせるということです。

これを聞いて疑問に思った方がいるでしょう。

共同経営は、お互いが対等な立場であるのが条件ですが、なぜ上を作る必要があるのかというところに引っかかっていると思います。

お互いが真面目に目標やビジョンを達成するために必死で仕事をしている場合は、上の立場を作る必要がないのでしょうが、ビジネスパートナーになった人の中には適当に仕事をして、お金だけはきっちりもらうという方が存在するのは事実のなのです。

このようなことが内容に、誰が代表になり責任を負うかを決めるという方法をすることで、共同経営者同士の立場が明確になり、お互いを尊重しあえることができるので、共同経営が長続きするのです。

ここまでのことをまとめると、

・お互いの目標・ビジョンを明確に持ち、共有すること

・良好な関係を築けるビジネスパートナーを見つける能力を身につけること

・お金しか考えていないビジネスパートナーを共同経営者にしないこと

・共同経営者同士話し合って、代表を決めること

以上が、共同経営のメリット・デメリットを考え、共同経営が必ず失敗しない方法なのではないかと思います。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。