みんなでシェアしよう!

ミラーレス車が解禁する?国交省が法整備を開始!

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

今の自動車は、昔に比べるととても進化しています。

自動車の前側にセンサーがあり、物や人があると自動でブレーキがかかるシステムやバックモニターシステムなど多くの機能が格段に上がっています。

しかし、6月18日に国土交通省が、ミラーレス車の「カメラモニタリングシステム」の基準の整備をする発表しました。

スポンサーリンク

ミラーレス車が解禁する?国交省が法整備を開始!

自動車局では、自動車lの安全基準について国際的な整合を図りながら安全を向上させるため、順次、拡大・強化を進めている。今回、バックミラー(後写鏡)などに関する国際基準が改正され、バックミラーの代わりに、「カメラモニタリングシステム」を使用することが可能になったため、道路運送車両の保安基準を改正し、これを国内基準と採用する。

この結果、自動車メーカーは、国際基準に適合する電子ミラーなどのカメラモニタリングシステムを備えることで、バックミラーがない自動車を設計・製造することが可能となる

引用:Response

6月18日から施行され、新型車は2019年6月18日、継続生産者は2021年6月18日になります。

バックミラーの他にも、サイドミラーもなくすことが可能なので、設計者やデザインの方は、デザインや設計の幅が広がり、自由な自動車を作ることができるようになったのではないでしょうか。

ただ、今までミラーが付いている自動車だったのが、後数年すれば、ミラーが一切ない自動車を見ることになると思うと、ミラーレスの車に慣れることができるのかどうかが心配になります。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。