みんなでシェアしよう!

法人クレジットカードはどこがいい?

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

こんにちは!

今日は、法人クレジットカード(法人カード)のお話です。

法人の方も個人事業主の方も、法人クレジットカードはお持ちですか?現在、多くのクレジットカード会社が法人クレジットカードを提供しています。しかし、年会費や特典等カードによって特徴が違うため、「どれにしようか?」と迷われる経営者の方も多いかと思います。メリット、デメリット、また私のオススメ法人クレジットカードをご紹介します。

スポンサーリンク

法人クレジットカード

法人クレジットカードとは、会社や個人事業主などの企業(法人)に対して発行されるクレジットカードのことです。名義は「法人に所属する個人」になります。利用額の引き落とし口座は「法人名義の銀行口座」になります。個人事業主の方は個人名義の口座です。

法人カードと一般カードの大きな違い

・引き落とし口座が法人名義の銀行口座を設定できること

・企業向け、個人事業主向けの特典サービスが充実していること

でしょうか。何より、経費決算をクレジットカードで行うことが可能なので、とても便利になります。

法人カードを使うことで

・社長や従業員が経費を立て替える必要がなくなる

・高速料金などの経費を従業員が立て替える必要がなくなる

・経理が経費の建て替え処理などに時間を取られることがなくなる

・クレジットカードでしか利用できないオンラインサービスが使えるようになる

このように、経費管理コストの削減や経費見直しによる経費削減にも活用することができます。これに関しては、法人カードのメリットの部分で再度説明します。

法人カードの審査基準

基本的には「開業後3年以上かつ2期連続黒字経営であること」が一つに目安と言われていますが、創業後すぐにでも法人クレジットカードを作ることができるようなので、申込みが必要な場合は申し込んでみましょう。

また、固定電話の有無も結構重要みたいですので、なるべく申込書の固定番号欄は記入できるようにしておきましょう。

個人カードに比べるとハードルが高く感じますが、倒産のリスクを考えての対応かと思います。倒産すると、お金を回収できなくなるのでなるべく避けたいのでしょう。倒産しないであろう一応の目安は3年間経営できていること、利益をだしていることだと言うことといわれています。

法人カードのメリット

◆経費の支払いがクレジットカードでできる

インターネットでの買い物やクラウドワークス等を利用する際、クレジットカード決済ができるようになります。それによって使用までの時間が短縮し、業務が効率化します。

◆現金出納が一気に楽になる

出張や接待などの経費の仮払い、立て替えがなくなります。法人クレジットカードがない場合は出張時の交通費、宿泊費や、接待の飲食費は社員が一端立て替えて後日精算するか、もしくは、事前に仮払いすることになっていました。しかし、法人カードを社員一人一人に持たせ、精算をカードで行うように変更することでこれらの現金出納業務が少なくなります。

◆経理業務が効率化できる

経理担当者の会計処理が楽になります。法人カードで経費を精算すると利用したものは全て毎月発行されるカード利用明細書に記載されてきます。また、社員に持たせたカード1枚1枚に対し、それぞれ別々の明細書が発行されます。そうすると、いつ・だれが・どこで・いくら使ったかが一目瞭然になり、経理担当者は各明細書をもとにデータ入力ができるので経理業務が効率的になります。

◆支払いが一本化する

経費をすべて法人カードで決済すると支払いは毎月決まった日に銀行から引き落とされることになります。現金で経費を精算するとなると、それに必要な小口現金を準備しておく必要がありますが、カード決済ならばそれが不要となり、とても便利になります。

◆銀行の振込み手数料がかからない

カード決済にすることで振込手数料が掛かりません。1件1件は数百円とそれほど負担とも思わないかもしれませんが、数が多くなるととても負担となります。

◆トラブル回避

社内での会社と社員とのお金のやり取りになると、受け取った受け取っていないということになったり、経費を多く請求している等トラブルになりまねません。法人クレジットカードを使うことにより、履歴がすべて残るのでトラブルは少なくなります。

◆さまざまなサービスが利用できる

法人クレジットカードといっても、クレジットカードの一種ですので、個人向けのサービスもとても充実しています。例えば、出張時などで使える海外旅行保険、国内旅行保険、空港ラウンジ無料や、接待時ではレストラン優待等使用することができます。

◆ポイントが貯まる

すべての法人クレジットカードがポイントが貯まるものというわけではありませんが、クレジットカードを選ぶ際にポイントが貯められるかどうか、還元率がどのぐらいか等確認しておくのも大切です。法人になると個人に比べて消費も多くなります。ポイント還元もバカにはできません。

法人カードのデメリット

◆年会費が無料のものがほとんどない

個人向けカードはほとんど年会費永年無料ですが、法人カードは有料が多くなります。初年度は年会費無料だとしても2年目以降有料のものも多くあります。法人カードの枚数が増えるたびに年会費も必要になると、経費に大きくかかわってきます。

◆ポイント還元率が低い

個人向けカードのポイント還元率が1.0%という中、法人カードは0.5%前後のものが一般的です。

いかがですか。法人クレジットカードはメリットが多く、経理業務も効率化できてとても

便利なものです。今後、会社で導入する際は、以下のポイントをチェックしてください。

チェック項目

・年会費/2年目以降の年会費

・追加カードの年会費

・追加カード発行枚数制限

・ETCカードの年会費/2年目以降の年会費

・ETCカード発行枚数制限

・ポイント還元率

・ショッピング限度額

ちなみに私が選んだ、オススメ法人クレジットカードはこちらです。

オススメする法人カード

数多くある法人クレジットカードの中でお勧めは、やはり“JCB法人カード”ではないでしょうか。

・初年度年会費無料

・2年目以降の年会費も格安(1,250円)

・カードの発行無制限

・ポイント還元率がトップクラス

・ETCカードが年会費無料/発行無制限

特に創業したばかりの会社や中小企業には年会費の負担も少なく、便利に使用できるものだと思います。

また、年会費を永年無料と考えているのなら、ライフカードビジネスがオススメです。追加カードも永年無料で発行枚数無制限、ETCカードも同様の永年無料で発行枚数無制限です。しかし、ポイントの還元はありません。

いかがでしたでしょうか。

ぜひ法人クレジットカードを導入する際、参考にしていただけたらと思います。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。