みんなでシェアしよう!

オフィスのネット配線スッキリしませんか?壁面埋め込み型無線LAN

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

ケーブル配線がゴチャゴチャしているオフィスってカッコ悪いですよね?

来客があった際に不格好ですし、掃除をするときもケーブルが邪魔をします。

できる限り外に見えないように配線しても、席替えや模様換えの際に露わになるのは目にみえています。

その問題を解決してくれるのが、ディーリンクジャパンから登場した「DAP-1850AC」です!

スポンサーリンク

無線LANアクセスポイント「DAP-1850AC」

dlink1_s

「DAP-1850AC」は無線LAN最新規格(802.11ac)に対応した壁面埋め込み型の無線LANアクセスポイントです。

アンテナが内蔵されているので、オフィスがケーブルでゴチャゴチャすることなく、室内の無線LAN環境を整えることができます。

使用例

20160411_AP_002-470x361

取り付けには、宅内電源工事などする必要がなく、JIS標準規格に準拠したスイッチボックスに埋め込むだけです。(設置場所によっては資格必要な場合あり)

20160411_AP_001-470x312

PoE受電により動作が可能なので、PoE給電アダプタ「DKT-200」(別途有料)やその他のPoEスイッチを使用すれば、遠隔でLANケーブルによる電源供給が可能です。

便利な機能

さらに「DAP-1850AC」はマルチSSIDを搭載しているので、ネットワークを仮想的に分けることも可能です。来客者と社員間でSSIDを変えることができます。

さらに無線LAN利用時間を曜日や時間でスケジュール化する機能もあり、省電力にも貢献できます。

価格

「DAP-1850AC」は配線をスッキリさせたいときにかなり便利なアイテムです。

価格は、「DAP-1850AC」が1万7,800円、PoE給電アダプタ『DKT-200』が4,980円(いずれも税別)となっています。

参照:ディーリンクジャパン『DAP-1850AC』製品紹介ページ
ディーリンクジャパン『DKT-200』製品紹介ページ

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。