みんなでシェアしよう!

【ガツンと言いたい】ウザい上司、嫌われる上司の7つの特徴

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

こんにちは。クロスボンバーのRyoMaです。

会社に必ず1人はいる”ウザい上司”。ウザい上司がいるだけで仕事が倍つらくなりますよね。

さらに問題なのは”ウザい上司”ほど自分のウザさに気づいてないことです。

もしかしたらあなたもいつの間にか”ウザい上司”になっているかもしれません。

スポンサーリンク

ウザい上司の特徴まとめ

food-man-person-eating-medium

①気分屋な上司

仕事の現場において気分屋なのは問題です。

仕事の話をしたいのに、まず上司の機嫌を伺っから話に入るのはめんどくさい。子どもじゃないんだから自己管理はしっかりしてほしい。最悪の場合上司が部下に余計な気を使わせることもしばしば。そんな上司にはいつか部下から総スカンをくらうこともあります。

②バカにしてくる上司

確かに役職は上ですし、いくら仕事上尊敬していてもバカにしてくる上司は許せません。

確かに未熟な部下かもしれませんが、バカにするのではなく、しっかり指導してみてはどうでしょうか?

役職者だからこそ、言葉の使い方には注意しましょう。

③働かない上司

部下にかっこいい背中を見せる。これが上に立つものの正しい姿なのでは?コーヒーを飲んでゆっくり新聞を見ている人に誰もついて行きません。

みんなの目につく場所でサボられるくらいならいっそのこと視界から消えてくれればいいのに。

④部下の手柄を自分のものにする上司

確かにプロジェクトリーダーでもあり、たくさんいろんなことを教わりましたが上司だけの手柄ではありませんよね?みんなで達成したことはみんなの手柄、頑張りです!

またその時はしっかり部下を褒めてください。できて当たり前、やって当たり前は個人の考えです。少しでも褒めるだけで部下は嬉しいものです。

⑤指示が大雑把な(コロコロ変わる)上司

最近”指示待ち”が多いなんていいますが、そもそもその指示しっかりしてますか?

確かに指示をまってじっとしている部下もよくないですが、そもそもはじめの指示がしっかりしていないと今後の動きなんて自分で考えられるはずがありません。

誰しもはじめは上司からの教えがないとなにもできません。部下はスーパーマンではありませんから、上司の指示にが一番始めの動き考えるための指標になります。

⑥説教大好き上司

怒られるのも怒るのもあたりまえ。ミスをしない人間なんていません。説教をするなとはいいませんが、

①長い②論点がずれていく③場所をわきまえない④説教でストレスを発散している

こんな説教は時間の無駄です。なにかと言いたくなるき気持ちはわかりますが、全て上司の考えに染めるのではなく、ヒントだけ与え部下の自主性を育ててみては?

⑦この記事を読んで自分じゃないと思っている上司

「こんなの自分はやってないから大丈夫!」それって本当ですか?”ウザい上司”ほど自分が周りからウザがられているとは思っていません。

一度自分の胸に手をあてて、なんなら部下に直接聞いてみてもいいかもしれません。そこで本当にウザいと思っていることを挙げてくれる部下は大切にすべき部下だと思います。

まとめ

これをきっかけに上司も部下も改めて考えてみてはどうでしょうか?

会社は人がつくるものです、みんながいい環境で働くためにもそれぞれの不満や心配を取り除くことが大切だと思います。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。