みんなでシェアしよう!

仕事ができない人を仕事ができる人に変える方法

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

仕事ができなかったり、仕事を教えたのに仕事ができない人に悩まされることがありますよね。
そんなあなたに、仕事ができない人を仕事ができる人に変える方法を教えましょう。

スポンサーリンク

上司はいま誰が何をしているか把握しているか

上司、管理職は誰が何をしているか、把握していないことが多く、ただ怒るだけの人が多い。
怒るくらいなら、問題箇所を確認し、具体的に改善しましょう。
1.適材適所にする→向き不向きを見定める
2.進捗状況を目に見える形にする→情報共有
3.マルチタスクにせず、明確な仕事を定める→シングルタスク
4.自分でやったほうが早くても仕事をひとりに集中させない→過負担の悪循環回避

仕事ができない人のために、環境を改善することで、結果的に全体の状況を把握することができます。
そして変な意地悪はしないことです。質問を教えなかったり、知らん顔したりです。

ただ、怒るだけではチームにとってのデバフになります。
どうせ”おこる”なら、環境を変える変化をチームに起こしてください。

まずは「適材適所」から

仕事ができない人と言われる人の多くはその人に合っていない仕事の場合が多い。
鍛冶屋に行ってパンを作ってくれと言うくらい合っていない。
プレゼンが得意な人に事務仕事をさせるのは勿体無い。
何事も「適材適所」である。
※中には適所適材という人もいるが、それは採用の段階での話である。この部署に合った人を入れたいのであれば「適所適材」、既に入社した人に対する人事や部署改善は「適材適所」である。

適材適所を見極めるためにも、その人の仕事ぶりを観察したり、本人と話してみたり、何が向いているか、時間をかけてでも分析することが必要です。
また、個人で変えられることには限界があるのでチームや会社が環境を変えることを促進させるように働きかけるのも必要です。

進捗状況を目に見える形に

仕事ができない人は進捗状況や段取りよく物事を進めることが苦手です。
本人の努力も必要ですが、全体で誰がいつ見ても分かるように、仕事の進捗状況などは目に見える形に改善しましょう。
仕事ができない人に限らず、目的、進捗、確認、を行えるので、結果的にチーム全体の仕事がスムーズに進みます。

マルチファイターにしないこと

仕事ができないとレッテルを貼られている人の多くは、マルチタスクが苦手な人が多い。
そんなに人にマルチタスクを課すのは正しい判断とは言えません。
ハサミでマイナスのネジを開けようとしているようなもので、そんなことをすればキャパオーバーになるのは誰の目から見ても明らかである。
また自分でやったほうが速いからと行って仕事をしてしまうと、他の人も含めて短時間にひとりに仕事が集中してしまうので、悪循環を招きます。
私も仕事の関係で私ひとりに短時間にタスクが集中してしんどい思いをしたことがありました。私にしかできない仕事だったので、周りは助けてはくれませんでした。
タスクは分担して、ひとつずつ完了できるような環境が必要です。
またこまめな休憩も必要です。

何事も言葉一つ「仕事だから」とは言わないこと

仕事ができない人の周りにこんな人がいませんか?

「仕事だからお前もやれ」ミスをしたり物事がうまくいかないと落ち込んでいるときに「仕事だから」という人です。

この言葉はかえって逆効果です。

これは仕事ができない人に限らず、新人やベテランでも不快に思います。
社会人だからこそ、受け流すことが必要ですが、そういった環境ではチーム内の空気が悪くなり、仕事の進捗に響きます。

言葉一つです。

デバフになる言葉は言わないことです。
ただ、何かを教えたときに「仕事だから~また聞いてね」というとミスが減るので、言葉一つだと思います。

仕事のミスの原因を説明すること

仕事ができない人や入って数年ほどの新人は同じ失敗をしてしまうことが多い。
だが、そういった人は、仕事のミスの原因を理解していない場合が多い。
そういった人にはしっかりと仕事の原因を説明してあげること。
そして再発防止を考えさせること。

仕事ができなくて悩んでいる人は習慣を見直すこと

仕事において大切なことは「目的」「計画」「確認」「改善」のPDCAサイクルで成り立っている。
目的がわからなければ、仕事は進まない。
計画を建てなければ、仕事のスケジュールが組めない。
確認を怠ればミスが起こるし、改善策も分からない。
改善しなければ、同じミスが起こる。
数十回の同じミスが起こるときはマルチタスクや仕事をひとりに集中しているのか、確認して改善して欲しい。
そして変なプライドは捨てること。
わからないことはわからないままにせず必ず質問すること。
初心に戻った気持ちで仕事に励んでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
大切なことは、適材適所と情報共有(進捗状況の共有)です。
個人ができることもありますが、それを促進させるためにはチーム(部署)で変えていくことが必要です。

当たり前のことだと思ったそこのあなたは正しいです。
実行していれば、それを続けてください。
実行していないなら、ぜひ実行してください。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。