みんなでシェアしよう!

Sonyの未来型タッチスクリーンで会議の質が高まるかもしれない!

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

こんにちは。クロスボンバーのRyoMaです。

先日SonyのVRについての記事を書きましたが(ついにここまできたのか!!あなたもバーチャル世界へ!!)次は未来型のプロジェクターです!

スポンサーリンク

未来型タッチスクリーンで会議をの質を高めよう!

スクリーンショット 2016-03-14 16.15.17

SonyのFuture Labというチームが発表した“未来型タッチスクリーン”が会議を変える変えるかもしれません。

テーブルの上がタッチスクリーンに

テーブルをスクリーンして画像や映像を投影します。その映し出されたオブジェクトを掴んで移動させたり、動きを加えたりできます。

会議でプロジェクターを投影するスクリーンが必要なくなりますし、どこでも映し出すことができるので会議室が使えないって時にも安心ですね。

また映し出されたものを自分の手で動かすことができるので、企画説明やグラフの推移などをわかりやすくすることが可能になるのではないでしょうか?

デモでは不思議のアリスがモチーフに

デモ動画では不思議のアリスをモチーフにしています。

デモ動画はこちら

デモを見ていただければわかる通り、手を動かすだけで多くのアクションが可能ですね。

不思議の国のアリス世界を再現できるのなら会議で使用するアクションも可能でしょう。

まとめ

この“未来型タッチスクリーン”が一般販売されれば、会議の際のマストアイテムになることは間違いないですね。

わかりにくいパワーポイントやエクセル資料でプレゼンるより、直感的でわかりやすい“未来型タッチスクリーン”の方が会議の質が上がるでしょう。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。