みんなでシェアしよう!

【知らない人は損をする!】今使っている携帯を毎月1000円にする方法〜MVNO 格安SIM編〜

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

どうも、そらです\(゜ロ\)(/ロ゜)/

昨年、日本でもようやく開始となったスマホやタブレットのSIMのフリー化。

いわゆる【MVNO】

なんやそれ・・・・・(@_@;)

話題の一つにもなりましたが、大半の人が【意味不明】と思っているもしくは、関係ない話と思っていることでしょう。

否!!!

人それぞれ携帯電話の使い方は異なりますが、

・電話はあまりしない

・家で携帯を触ることが多い

・携帯2台持ち

・タブレットほしい

・携帯で動画とか見ない

という方は、毎月1000円~2000円以内で携帯が持てることになります!

利用用途によっては、毎月440円になる人も!!!!

でも、変な携帯じゃないの?どうせiPhoneじゃないんでしょ。

否!!!!!!!

今、あなたが持っている携帯がスグに安くなっちゃうんです!!

(え、意味が分からない(@_@;))

はい、説明しますね\(゜ロ\)(/ロ゜)/

今回は、分かりやすく表面の部分だけですがまとめました(^-^)良かったら、参考にしてください(*^_^*)

MVNO

MVNOは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略です。

携帯電話などの無線通信インフラ(ケータイやスマホに電波を送るための基盤のこと)をNTT(ドコモ)やKDDI(au)から借りてサービスを提供する事業者のことです。

少し違いますが、以前まであったWILLCOMや今もあるY!モバイルがどちらかと言えば近いです。

皆さんの認識では、携帯を購入することになれば、ドコモかauかSOFTBANKこの3つのどれにしようかという選択肢だったものが増えたということです。

SIMとはこれです。

1

皆様の携帯に差さっているものです。

SOFTBANKで契約をすれば、SOFTBANKのSIMカードが刺さっていますし、auで契約すれば、auのカードが刺さっています。

このカードを販売する会社が増えたということです。

では、どれだけ増えたかというと数を上げれば・・・キリがないほど増えました。

そこで・・・・・

オススメと人気の事業者をまとめました

これを読めば必ずあなたにあった携帯事業者が見つかります!

スポンサーリンク

iijmio(あいあいじぇいみお)

2

人気の事業者の一つです。

特徴

・利用する回線はドコモ

回線品質の高さ

・高速通信を自由にON/OFFできる

・余ったデータ容量は翌月まで繰り越しできる

・追加クーポンで、高速通信の容量追加が可能

・電話をお得にかけられる「みおふぉんダイアル」「ファミリー通話割引」

有用な機能を搭載したり、データ容量の増量をいち早く発表するなど、IIJmioは現在の格安SIM業界を牽引する存在と言えます。

早くからユーザーからも人気を集め続け、現在は業界シェアでOCNとトップを争う状況。

DMMモバイル(でぃーえむえむもばいる)

3

特徴

・利用する回線はドコモ

月額料金の圧倒的な安さ

・余ったデータ量は翌月に繰り越し

・低速通信時でも数秒間の「バースト機能」で快適

DMM mobileはIIJをバックボーンとしており、機能的にもIIJmioに似た部分が多いです。

DMM mobileは料金の安さに加えて便利な機能も充実しており、ネットユーザーの反応は非常に良いです。通信品質もIIJゆずりの高いレベルを誇っていると評判でもあります。

OCNモバイルワン(おーしーえぬもばいるわん)

名称未設定-1

特徴

・利用する回線はドコモ

・端末レンタルや容量追加など、オプションが多数

通信制限なし

・OCNブランドによる安心感

OCN モバイル ONEを提供するNTTコミュニケーションズは、国内MVNOのスマートフォン事業者シェアで常に上位にいる、最大手の1つです。

NTTグループだけあってサービス品質やネット上の評判も良く、多くの方におすすめの格安SIMになっています。

UQ mobile

5

特徴

・利用する回線 au

・WiMAXでも知られるUQコミュニケーションズが提供するMVNOのモバイル通信サービス。

・無制限プランがある。通信速度は最大500kbps

・SMSが基本料無料

プラチナバンドのエリアの広さが強み

・通信品質の高さで評判が良い

KDDIグループの会社が運営しているというのが特徴です。最も品質の高い通信環境が望めるサービスの1つでしょう。

株式会社イードによる「格安SIMアワード2015」では通信速度部門で最優秀賞となりました。実際に口コミをチェックしてみても、通信速度などの安定性が高いと評判が良いです。

安いなら変えた方がいいけど、本当にメリットばかりなの?(;一_一)

MVNOのメリットとデメリット

MVNOのメリット

・通信料金を節約することが出来る

・二年縛りがない

・自分の好きな端末を使うことが出来る

・契約内容がシンプル

・海外旅行をよくする

MVNOのデメリット

・使える端末と使えない端末がある

・家族間無料通話がない

・通話定額サービス(カケホーダイなど)がない

・設定などは全て自分で行う必要がある

・キャリアのサポートを受けることが出来ない

・切り替わるまでの1週間ほど携帯が使えなくなる

良いところ悪いところが分かったところで・・・

じゃあ今持っている携帯をMVNOに変えちゃおう!!

変えるまでの流れ

どのキャリアとも契約をしていない端末だけを持っている場合

1 好きなMVNO事業者のサイトからネットで申し込み

2 家にSIMカードが届く

3 差す

4 利用開始

今持っている携帯の電話番号を引き継ぎで変える場合の確認

1 使っているスマートフォンが「SIMフリー」モデルか確認する(ドコモ携帯はほぼ全部出来る)

2 au、ソフトバンクのスマートフォンの場合は、「SIMロック解除」ができるモデルであるかを確認し、ショップに行き手続きをする

3 好きな事業者のサイトからSIMを選んで申し込み

4 家に届いたSIMを携帯に差す

5 利用開始

結論

今、キャリアと呼ばれる大手は、電話のかけ放題しか基本受け付けてくれなくなっています。

これは、電話をよくかける人にとっては、ただの値上げ。

なので、電話をあまりしないお子さんや、おじいちゃんおばあちゃん、主婦の方に非常にオス

スメです。

私、オススメの事業者は、

iij、ocn、UQ

この3社あたりかなーと評判を見ていても思います。

もちろん、回線を貸してもらってネットをするわけなので、有名なキャリア程の速度は外出先では出ないのが、MVNOのデメリットですがお家のWIFIとかでしかネットをあまり触らない人からするとかなりオススメ出来ます(^-^)

もし、変えてみてまたドコモとかSOFTBANKに戻したくなっても2年の縛りはないので、1年以上使ってしまえば、いつでも解約金などかからず戻すことが出来ます。

そういった安心なところもありますので、一度皆様も試してみてはいかかでしょうか。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。