みんなからお前の話おもしろすぎるの声があがったので・・・PartⅦ

これは、三年前の6月5日の話になります。

19827

出典 https://joy-trip.jp/19827

私は、その頃静岡県浜松市(どうしても海の近い所に住みサーフィンしたかったので)に住んでおりました。

fuji08

日本一の山「富士山」が世界文化遺産に選ばれました。

『あっ・・俺登った事ない・・・登りたい・・・登ろう』 昼時です。

かわいい後輩に電話

ホセ:『今どこいるん??』

かわいい後輩:『大阪ですよ。』

ホセ:『富士山登らへん??』

かわいい後輩:『いいですね~いつっすか?』

ホセ:『今から』

かわいい後輩:『・・・』

かわいい後輩:『登りましょう。』

普段登山などした事がなく

完全に山をなめた格好で、チャレンジ 9時過ぎに五合目まで車で行き

いよいよ登山へ

IMG_8578

『あれ・・・あれ・・・』

周りを見渡しても誰もいない・・・

街灯も少なく・・・

鹿の目は光って怖い・・・

ニュースで今年の登山客は、世界文化遺産になった兼ね合いで、 非常に多いと言っていたのに

誰一人いない 少し登れば誰かに出合うのかな~

ホセ:『折角来たし、とりあえず登ろう』

かわいい後輩:『ですね。僕らが遅かっただけかもしれないし。』

スタスタ・・・ 約一時間 スタスタ・・・

<六合目>

誰もいない・・・

そしてバリケード

『富士宮口登山道の新6合目から上は、残雪が多いため通行止めとなっています。富士土木事務所 富士宮警察署』

ええええええええええ

登れないの・・・・

かわいい後輩:『そう言えば、富士山って登山期間ありましたよ。

えええええええええええ

登山しちゃダメなら五合目で、バリケードしとけよ。

雲の上から見る最高の夜景を 男二人で堪能し

なんならこのまま唇まで奪っちゃえるんじゃねえかと思いながら・・・

(付き合いたいと思う人がいる人は、ここでなら鉄板だとおもいます。頂上までだと相当しんどいですが、六合目ならすぐに登れます。)

どうしよう登ろうか下山するか悩んでいました。

するとスキー板を持った人が現れました。靴に針金が付いている。

本物の登山家が登ってきました。

本物の登山家:『そんな恰好で登ったら死ぬよ。

その一言で、ホセとかわいい後輩は、下山を即座に決意

ただ絶対に登ってやる・・・

同年7月25日

≪リベンジ≫

5767981946_ffb39c85d9_b

富士宮口から、山頂まで登りました。

頂上では、ぼったくり事業が・・・頻繁に。

どん兵衛は 1,000円するし (今後登られる方は、絶対食すべし感動のどん兵衛に出会えます。)

アクエリアスは、800円するし

子供たちが、泣いていました。

お父さんに『頑張れ~~もうすぐ山頂だと』言われて頑張った挙句

少ししたら下山があるんですからね。 (そら泣きますよ)

高山病にもならず無事にリベンジ完了

下山している時 自衛隊が訓練で富士登山を行っていました。 倒れている自衛官 日本は、大丈夫なのか?? っと思った富士山登山でした。

今後日本一の山にチャレンジされる方へ

富士登山に必要な物

・登山しやすい服装(私達はジーンズで登りました。)

・水分(一リットル・登山中にで買うと高いので・・・。)

・食糧(おにぎりなど登山しながら食べれる物(登山中は高いので・・・ただ赤いきつねは絶対食べてくださいね。)

・リュックサック(かわいい後輩は、仕事帰りという事もありハンドバックで登っていました。) すれ違う登山客に、『なぜジーンズ?』『なぜハンドバック?』『なぜアフロのズラ?』

・あくなき覚悟

・信頼できるパートナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする