みんなでシェアしよう!

仕事選びは靴選びと同じ? 自分に合った仕事の選び方!

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

仕事選びに悩むことはありませんか?

仕事の選び方を難しく考える必要はありません。

なぜなら「仕事選び」は「靴選び」と同じだからです。

スポンサーリンク

仕事選びは靴選びと同じ!

自分に合った靴なら歩きやすいし、仕事もしやすい。
そして長く履き続けることができる。

仕事もまた自分に合った仕事なら、長く続けられる。
辛いことも乗り越えられる。

逆に合わない靴なら…
サイズが合わなくて歩くにくいし、靴ずれを起こして痛くなる。仕事もしにくい。

仕事もまた同じで合わない仕事は気を病んで、最後は全てを辞めてしまう。

自分に合った仕事を探すには?

人生が道だとすれば、人生を歩くために仕事という靴をはく。

いままで誰かに靴を与えられて歩いてきた道を自ら選んだ靴で歩く。

仕事という靴を履くなら、自分に合ったものがいい。

靴だって、実際に履いて自分のサイズに合っているか確かめますよね?

仕事も全く同じです。

まずは自分に合った仕事とは何かをよく調べて探す。
最初の下調べ・業界分析・適正が大切です。

業界研究

業界研究には様々な方法がある。

  1. 企業を調べる
  2. OB訪問
  3. 実際に働いてみる(インターシップ・派遣バイト)

業界・企業について調べる

業界や企業を調べる方法に困ることはない。

スマートフォンでポチっと検索するだけで、企業や業界に関する情報がすぐに見つかる。

  • 業態
  • 企業規模
  • 資本
  • 商品・サービスの対象

などを各企業ごとに比較していけば、その企業や業界について知ることができる。

実際に企業にメールや電話で問い合わせてみるのも良いだろう。

就活で仕事を探すなら、以下のサイトを活用するのがベスト。

気をつけたいのは、掲示板系の情報に左右されないこと。
これは、配属された部署や業種、一緒に働く人によって異なるからだ。
明らかなブラック企業も多いが、この辺りはひとつの「ものさし」としてみておいたほうだ良い。

OB訪問

学生なら、大学・高校の先輩に話を聴く。
学内にある就職支援・学生サービスの事務員から連絡することができるので活用しよう!

他にも知り合いの人に聴いてみるのもひとつの手!

インターン・派遣バイト

インターンシップや派遣タイプのバイトを活用して実際に働く。

靴も履いてみないことには自分に合っているかわかりません。仕事も同じです。

インターシップや派遣バイトを活用して、行きたい企業の雰囲気や、仕事の流れなどを知りましょう。

インターシップは、学内にある就職支援・学生サービスから応募できる。
他にも「インターシップガイド」などのサイトからも応募できる。

派遣バイトは以下のサイトから探すことができる。

適正診断

靴もサイズが合わなければは着心地が悪い。
仕事も全く同じです。

自分に合っていない仕事は長続きしません。

自分に合った仕事(靴のサイズ)とは何か必ず調べておきましょう。

転職先探しは「転職サイト」を活用

一昔前はいい加減な転職サイトやエージェントが多かった。
しかし最近の転職サイトはサービスの質が向上しているところが多い。

特に人気なのは「マイナビジョブ20’s(第二新卒向け)」や「リクルートエージェント」など。
ひとりで見つけ出すのは苦労するので、こういった転職サイトを活用すると良い。

※仕事を辞める前に転職先を見つけておくこと。
見つからなかった時は派遣やバイトでつなぎながら、探そう。
自分に合った仕事(靴)は必ずある。

自分に自信がないなら何かを得ること

資格取得

時間を作れるなら、資格を取っておこう。

汎用性が高いのは以下の資格。

  1. TOEFL
  2. 日商簿記 2級以上
  3. MOS
  4. 運転免許証

ほかにも、自分が働きたい分野の資格を取っておこう!

※例えば、IT系の職に就きたいなら「基本情報技術者」「応用情報技術者」など。

役立つバイト

  1. 飲食店(接客スキル)
  2. オペレーター・電話応対(応対スキル)
  3. 派遣(業界研究)

飲食店のバイトは接客の基礎や連携などを学ぶ機会が多く、今後の仕事で役立つメリットが多い。

オペレーターや電話対応のバイト・派遣は、電話応対の基礎が学べるので、役立つバイトのひとつ。覚えてしまえば簡単というのも

派遣の魅力は様々な業界を知ることができる機会が多い。

特に単発系のバイト(単発派遣)は業界研究などに活用できる。

実際にやってみる(履いてみる)のが大切

靴を選ぶときに実際に履いてみますよね?

仕事も同じで、実際にやってみるのが大切です。

イメージだけで、仕事を決めてしまうのはあまりにもったいない!

ミスマッチで辞めてしまうことも多いです。

興味のあることでも何でもいいので、まずは履いて歩いてみましょう。

自分に合わなければ自分に合った靴(仕事)を探せばいい。

仕事選びは靴選びと同じなのだから。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。