みんなでシェアしよう!

映画「トイ・ストーリー」をテーマにした「ディズニーホテル」が2021年に登場する

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

東京ディズニーランドなどを運営するオリエンタルランドは11月28日に「東京ディズニーリゾート」内に、約600室の客室を有する新しいディズニーホテルを開発することを発表した。

スポンサーリンク

テーマは映画「トイ・ストーリー」


開発するホテルは、映画「トイ・ストーリー」シリーズをテーマに、外観から中庭にいたるまで、すべて「おもちゃ」で作られたようなデザインにする。
映画に登場する少年「アンディ」と彼が大切にする「ウッディ」や「バズ・ライトイヤー」たち、おもちゃが繰り広げる世界でゲストを誘う。また、客室は作中の「アンディの部屋」を思わせるインテリアで、カラフルな家具を配置する。
客室をスタンダードタイプで統一し、付帯施設をレストランなど宿泊に特化することにより、より手軽なリゾートステイを実現する。
開業は2021年開業を目指している。

拡張をするディズニーランド・シー

オリエンタルランドは「東京ディズニーランド」と「東京ディズニーシー」をそれぞれ2020年春と2022年度に新エリアの開業を予定しており、「より多くのゲストをお迎えするにあたり、ゲストのさまざまなニーズに合ったホテルを充実させることで、ディズニーの夢の世界が途切れることなく続く東京ディズニーリゾートでの滞在をより豊かなものにしてまいります」としている。
今回発表された映画「トイ・ストーリー」をテーマにしたホテルもその一環として行うようだ。

鮫島のコメント
トイ・ストーリーシリーズって1,2,3全部世代なので、狙われてますわ。
戦略としても適切で、日本で成功すれば、今後世界のディズニーランドなどが拡張されるんだろうな。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。