みんなでシェアしよう!

日本版『トイ・ストーリー4』 特報公開-唐沢寿明&所ジョージ続投!

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

映画『トイ・ストーリー4』の日本版特報とポスタービジュアルが公開された。
さらに「ウッディ」と「バズ・ライトイヤー」の吹き替えは、前作同様に「唐沢寿明」と「所ジョージ」を続投することが明らかになった。


本作は、おもちゃたちの世界を舞台に人とおもちゃの絆をドラマティックに描き、世界中の観客を感動の渦で包み込んだディズニー/ピクサー作品『トイ・ストーリー』シリーズの最新作。新キャラクター“フォーキー”も登場する!

スポンサーリンク

唐沢さんと所さんの意気込み

ウッディの声を務める唐沢さんは「『トイ・ストーリー』はシンプルでいて、でも決して子供向けということだけでなく、大人を納得させてしっかり感動できる作品」とシリーズについて語り、「(新しい物語は)全く想像がつかないけど、本当に世界中で愛されていて、楽しみにして下さっている方がたくさんいるので、その期待を裏切らないように、繊細にやらなければいけないと感じています」と新作への意気込みを語る。

一方、バズ・ライトイヤー役の所さんは「バズ・ライトイヤーは僕にとって相棒みたいな存在」と演じるキャラクターについて思いを述べ、「最初の『トイ・ストーリー』を観た小学生がもう30歳、40歳になっているわけで、その人たちが自分の子どもたちに『トイ・ストーリー』を観せて…と、バズ・ライトイヤーは未来永劫続きます!」とコメントした。

特報

他のキャストも続投


髪を三つ編みにしたカウガール人形ジェシー役の「日下由美さん」、


ミスター・ポテトヘッド役「辻萬長さん」、ミセス・ポテトヘッド役「松金よね子さん」、


レックス役「三ツ矢雄二さん」を続投した。

キャスト変更


ブタの貯金箱のハム役は「咲野俊介さん」が担当する。
咲野俊介さんは、イーサン・ホークやマーク・ウォールバーグなどの吹き替えを多く担当する声優。
※前作まで「大塚周夫さん」が担当していたが2015年1月15日に亡くなったため、変更した。


胴体がコイルのダックスフントの形をしたおもちゃスリンキー役を「辻親八さん」が担当する。
辻親八さんは『ハリー・ポッター』シリーズのシリウス・ブラック役など数々の洋画の吹き替えを担当していた。
※前作まで「永井 一郎さん」が担当していたが2014年1月27日に亡くなっていたため、変更した。

『トイ・ストーリー4』は2019年7月12日(金)より全国で公開。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。