みんなでシェアしよう!

ドローンを使って、血液を輸送するサービスがルワンダで開始!

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

ドローンを使って、農業や林業、運送業などで活用されていますが、ついに医療分野でもドローンを活用されようとしています!

スポンサーリンク

ドローンを使って、血液を輸送するサービスがルワンダで開始!

スクリーンショット 2016-06-26 18.59.28

「Zipline」という会社が、ルワンダ政府と提携し、2016年7月からドローンを活用した輸血用血液の輸送サービスを開始するとのことです。

対象場所は、ルワンダ西部の21カ所の医療施設になっており、そこから輸血用血液が運ばれて来ます。医者や看護師が、要請を出すと30分で届く仕組みになっているところがメリットです。

また、使用するドローンは、最高時速100kmで飛行が可能で、目的地周辺に近づくと高度45フィートまで降下し、パラシュート付きの輸送箱を落下させ、輸送します。

医療の世界は、1分1秒を争うので、このようなサービスがあると患者の助かる確率も上がりますよね。

このようなサービスを、ぜひ日本でもしていただきたいものです。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。