みんなでシェアしよう!

メガネからコンタクトレンズへ!コンピュータースクリーンが進化する!

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

こんにちは。RyoMaです。

少し前に話題になった「Google Glass」を知っていますか?

「Google Glass」はメガネ型デバイスです。スマートフォンならぬスマートメガネといえばピンとくるでしょう。

「Google Glass」はは価格が高かったり、有用なアプリがリリースされなかったことから失敗に終わりましたが、また新たな開発が行われているようです。

スポンサーリンク

コンタクトレンズがスクリーンになる

people-lens-white-eye

コンタクトレンズ上に搭載できる超小型電気回路の開発が可能になり、目に直接触れるコンタクトレンズを通じてテキストを読んだり、コンピューター画面を投影したりできるようになるということです。

このコンタクトレンズは、普通のコンタクトレンズにコーティングすることにより機能し、導電性の電子回路を身体と連携させることができるとのこと。

これが一般消費者向けに販売されれば、PV、スマホ、スマートメガネが必要に時代がくるかもしれませんね。

将来脳に直接マイクロチップを埋め込んで、思い描くだけでいろいろな処理をしてくれる世の中がくると言われていますが、その先駆けになるのでしょうか?

もしかしたら人体にチップを埋め込むより、コンタクトレンズの方が安全で安心なのかもしれません。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。