みんなでシェアしよう!

札幌で爆発事故 原因はスプレー缶100本に穴を開ける作業

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

北海道札幌市豊平区で12月16日の夜に起きた爆発事故で、現場の建物に入居する不動産仲介業「アパマンショップ」の店舗の従業員が「消臭剤のスプレー缶100本以上を廃棄するために穴を開け、湯沸かし器をつけたら爆発が起きた」ことが明らかになった。

スポンサーリンク

原因はスプレー缶に穴を開ける行為

札幌市豊平区で12月16日の夜に起きた爆発事故で、現場の建物に入居する不動産仲介業「アパマンショップ」の店舗の従業員が「消臭剤のスプレー缶100本以上を廃棄するために穴を開け、湯沸かし器をつけたら爆発が起きた」と話していることが17日、捜査関係者への取材で分かった。

北海道警は不動産店が発生元で、缶のガスに引火し爆発した可能性があるとみて、詳しい原因を調べる。けが人は同じテナントの居酒屋の客ら男女42人に上り、道警と市消防局は同日、合同で現場検証を始めた。

不動産店に隣接する居酒屋「海さくら」の2階で食事をしていた複数の利用客は、取材に対し「爆発時にガス臭がした」と証言した。

当初「居酒屋で爆発音がした」との内容の通報があったが、道警によると、不動産店は跡形もなく吹き飛んでおり、居酒屋より被害が大きいという。建物には、ほかに整骨院が入居していた。

この爆発事故でけが人は居たが、死亡者は居なかった。

ガス缶の正しい処分方法

昔はガス缶は穴を開けて処分というのが一般的でしたが、現在は安全性の観点から「穴を開けずに捨てること」が一般的のようです。

  1. ガス缶の中身を使い切ってから捨てる(穴を開けない)
  2. 透明な袋に入れて捨てる(中になにが入っているか、分かるようにする)

鮫島コメント

奇跡的にけが人が居なかったこともすごいですが、100本穴を開けされるって…どうかしてますね。
変化する「一般常識」についていけてない人が多いのかもしれないですね。

【引用元】

https://www.sankei.com/affairs/news/181217/afr1812170018-n1.html
https://www.hokkaido-np.co.jp/article_photo/list?article_id=258673&p=2799046&rct=n_hokkaido

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。