みんなでシェアしよう!

ブルーライトが及ぼす影響は目だけではなく「肌」にもあった!

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

こんにちは。クロスボンバーのRyoMaです。

PCやスマホからでるブルーライトですが、主に目に影響があると思われがちですが実は肌にも重大な影響を及ぼします。

スポンサーリンク

ブルーライトが及ぼす「肌」への影響

ブルーライトとは

apple-iphone-desk-office

目に見える光の中でも、380~500ナノメートルの波長の光で、網膜まで届くエネルギーの強い光を指します。

その強さは角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。パソコンやスマートフォンなどには、このブルーライトが多く含まれています。

肌に及ぼす影響の研究

pexels-photo

被験者にブルーライトを一定時間当て、その後の色素沈着を目視しました。

その結果即時的な肌の変色を引き起こすことがわかりました。その影響は一時的なものではなく、3週間後まで色素沈着が残ることがわかりました。

ブルーライトが強いほど、肌の変色も濃くなる傾向にあります。

また肌を黒くするだけでなく、シミやそばかす、しわといった光老化を引き起こします。

さらにブルーライトはその強さゆえ肌の深部にまで達することがわかりました。

参照 マイナビ

対策として、できる限りブルーライトを浴びないことしかありません。

これから先ブルーライトを軽減する電子機器の発明を期待します。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。