みんなでシェアしよう!

CAPCOMのゲームシリーズ「ロックマン」がハリウッドで実写映画化!?

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

CAPCOMのゲームシリーズ「ロックマン」がハリウッドで実写映画化されることが発表されました。
「MEGA MAN(仮称)」のタイトルで20世紀フォックス社から配給されるようです。
公開時期は現時点では未定ですが、バイオハザードやモンスターハンターに続き、日本のゲーム作品がまたも映画化することには驚きです。
しかし、実写映画なので、少し心配も…。

スポンサーリンク

制作陣営はこの人たち

制作決定と同時に、今回のハリウッド版の制作陣も発表されました。
監督と脚本にはアリエル・シュルマン氏とヘンリー・ジュースト氏が、プロデューサーは「マシ・オカ氏」が担当することになりました。マシ・オカ氏といえば、米ドラマシリーズ「HEROES」でコミカルな役を演じ大反響を得た俳優であり、日本人で成功したハリウッド俳優として有名です。
制作は「米チャーニン・エンターテインメント社」が行う予定です。
米チャーニン・エンターテインメント社といえば、「猿の惑星 創世記」などを手がけたことで知られていますね。

作品への意気込み

日本のみならず世界で親しまれてきた「ロックマン」の世界観を踏襲しつつ、ハリウッド作品としてのエンターテインメントや壮大な演出などで、ゲームファンのみならず映画ファンまでの幅広い世代が楽しめる作品を作ることを目指すと発表している。

そもそもロックマンを知らない人は読むべし


1987年のファミリーコンピュータ向けゲームとして、初代ロックマン(第一作目)が登場した。
その後も、シリーズは続々と登場し、近年ではスマブラのファイターにも選ばれた。

その販売累計販売本数は約3200万本!!
モンスターハンターシリーズなどを手がけるCAPCOMのブランドの一つだ。
しばらくは新シリーズが出ていなかったが、2018年10月4日に待望の新シリーズ「ROCKMAN 11」がリリースされた。
初代発売から30年以上経過した現在も世界で根強い人気を誇っている日本を代表するゲームだ。

もし興味がある方は、昔のシリーズは任天堂のバーチャルコンソールなどで手軽に買えるので、ぜひ遊んでみて欲しい。
新シリーズは、ゲームショップにレッツゴー!

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。