みんなでシェアしよう!

指にはめるキーボード「TAP」でどこでもタイピングを!

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

最薄・最軽量のキーボードキーボードやタイプライターのようなキーボードを紹介してきましたが、今回は「指にはめるキーボード」です。

「指にはめるキーボード」となるとなかなか想像しにくいかとは思いますが、その内容に驚きを隠せません。

それでは、「指にはめるキーボード」はどのようなものか、ご説明いたします。

スポンサーリンク

「TAP」

Maine_1

「TAP」は写真のように指にはめて使います。

肝心のキーはありません!というよりもどこをタップしても入力可能なんです!

Tap-keyboard

テーブルの上でも

atamadeTweet

頭をタップしても文字入力が可能なんです。

なぜどこでもタイピングができるのかというと、指の動きをセンサーが読み取り、動かした指の組み合わせによって文字を入力することができます。

442

例えば、親指と人差し指を同時にタップすると、「N」になったり、薬指と小指を同時にタップすれば「S」になります。

なんだか難しそうに思えますが、1時間ほど練習すれば誰でも使いこなせるとのことです。

本当に1時間で器用にタイピングできるようになるのか不安ですが、マスターすれば最高のキーボードになるのではないでしょうか?

その理由の1つ目は仮想キーボードよりも正確で高速な入力ができる点。

2つ目は打刻音がしないことです。

何かしらキーボードをカチャカチャできないシーンは生活であると思います。

そして、スマートウォッチとの相性が良いという点です。スマートウォッチは音声認識のみのテキスト入力になりますが、「TAP」は組み合わるとキーボードの様に入力できるかもしれません。

サイズはS、M、Lの三種類が用意されています。

「TAP」は充電式で約3時間で満充電後、72時間稼働します。

prnewswire

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。