みんなでシェアしよう!

本を読むより知識が深まる!「人を借りる」ヒューマンライブラリーが世界に広まる。

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

こんにちは。クロスボンバーのRyoMaです。

本にはたくさんの情報があり、日々学ぶには本は必要不可欠なものに思います。

そのため、読みたい本を無料で借りられる図書館はすばらしいですね。

しかし、本よりも直接人から話が聞けて質問できたら、もっと知識が深まると思いませんか?

スポンサーリンク

直接人から話が聞けるヒューマンライブラリー

154161_107943412607426_1404992_n_6177bc5265e0c6af4172419328265a15.today-inline-large2x

みなさんはデンマークでおこなわれている「ヒューマンライブラリー」という活動を知っていますか?

図書館で本を借りるように、人を借り、その人の半生や経験、見たり聞いたりしてきたことを直接話してもらえます。

例えば今まで「ユダヤ人虐殺の生存者の子ども」「ジプシーの話」「イラクで戦った元兵士」「孤児となった少年」といった体験を語れる人物が名を連ねました。

「この話が聞きたい」と思ったら本人を借ります。貸出カードを持ってその人の前に座り、30分間相手の話を聞くというシステムです。

学ぶためなら聞きたいことは遠慮なく聞ける

img_20150703_114342_051259a47060c500c091c38ad06fbcb7.today-inline-large2x

この対人式図書館を開いているのは、Human Library Organizationという団体で。2000年から活動を開始ししています。

それぞれ、酷い目や悲しい出来事を経験した人も本としています。普通じゃ聞きにくいことでも、自分が学ぶためならば聞きにくいことを聞くのもOKです。

ヒューマンライブラリーは多くの海外メディアでも取り上げられるなど、かなり注目されています。

本やネットではわからないことはたくさんあります。ことの真偽や内容の深みを知ることは、直接人から聞くのが一番早いのかもしれません。

日本でもヒューマンライブラリーの活動が広がればいいですね。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。