みんなでシェアしよう!

あのスマホ機種が一眼レフになる?「PICTER」でiPhoneの写真の撮り方が変わる。

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

iPhoneで写真を撮る時って、持ちにくくて撮りづらくありませんか?

手にフィット感がなく、撮った写真が手ブレてしまった方もたくさんいるかと思います。

また、ズームしながら撮る時も苦労しますよね。

そんな時に、iPhoneが一眼レフカメラみたいな形をしていたら、写真を撮る時に困ることがないと思います。

クラウドファウンディングサイトKickstraterで、iPhoneを一眼レフのようにできるアイテムが登場したのです!

スポンサーリンク

iPhoneを一眼レフにする「PICTER」

「PICTEAR」

PICTER

「PICTER」にiPhoneを装着するだけで、一眼レフに早変わりします。

カメラそのものの形をしており、手にフィット感があり、右手にシャッターボタンやズームボタンがあるので、片手で撮影可能です。

まさに一眼レフと変わらない機能

2番目

露出補正が可能になったり、iPhoneではできなかったシャッターの半押しなどできるようになり、まさに一眼レフと変わらないものになっています。

シャッターボタンの近くにダイアルがついており、フラッシュやセルフタイマー撮影なども簡単に行えるようになりました。

いろんな撮影モードも搭載

モード

状況に合わせた、撮影モードの種類もたくさん選べるようになるのです。

初心者の方にでも使えるような、自動モードや横長モード、自撮りモードなどがあり、上級者向けには、シャッターの優先やISOの優先順位、マニュアルと行った3つの高度な性能もついています。

まとめ

iPhone自体が薄すぎて持ちにくいですし、シャッターボタンも押しにくい感じがあったのは、僕も不満でした。

「PICTER」が日本でも発売してくれたら、写真を撮りやすくなるので、早く発売してほしいものです。

Kickstarterで5月27日まで出資募集をしていますので、気になる方は出資してみてはいかがでしょうか?

出典:Kickstarter

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。