みんなでシェアしよう!

「ポケベル」2019年9月末でサービス終了

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

「ポケットベル」と呼ばれた無線呼び出しサービスを全国で唯一展開していた「東京テレメッセージ」は12月3日(月)、来年度の9月末でサービスを停止すると発表した。

東京テレメッセージが展開するポケベルのサービス「マジックメール(ページャー)」が来年2019年9月30日で終了する。2000年以降に登場した携帯電話・スマートフォンなどの普及に伴う契約者数の減少をサービス終了の理由としている。
1968年に日本電信電話公社が開始したポケベルは、電波で小型の液晶端末にデータを送信する仕組で、特定の番号に電話するとメッセージを送ることができた。数字の語呂合わせのメッセージ送信などで若者などに人気を集め、1996年には契約数が1千万件を超えて大ブームを起こした。
平成初期の時代を象徴したサービスだったポケベルも平成の終わりとともに1968年に登場してから約50年の役目を終えた。

鮫島コメント
登場から50年も現役だったとは…意外でした。
最近はスマホでなんでもできてしまうので、衰退はしかたないですよね。
いままでお疲れ様でしたm(_ _)m

【引用元】
http://www.teleme.co.jp/service/magicmail/index.html
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018120301001527.html

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。