みんなでシェアしよう!

チャットアプリ「cola」が日本のapp storeに対応して欲しい4つの理由!!

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

こんにちは。クロスボンバーのRyoMaです。

社内の連携ツールは何を使っていますか?たくさんのアプリがある中で、良いチャットアプリ選びはチームの連携をスムーズにするために、必須と言えます。

ここでわたしがオススメするのはチャットアプリ「Cola」です。ただこの「Cola」は日本のapp storeに対応していないため早期対応を心待ちにしています。

スポンサーリンク

チャットアプリ「cola」を使いたい4つの理由

①位置情報を共有が簡単

スクリーンショット-2016-03-14-15.02.26

チームで動く際の連携で大切な居場所の共有が簡単にできます。もともとiPhoneにも位置共有できる機能がありますが、「cola」はColaはメッセージストリームに吹き出しフォームで居場所が載った地図を送ることができます。

チャットに「◯◯にいます」と打ち込むより地図で送る方が、圧倒的に早くわかりやすい。

この機能はグループチャットにも対応しているため、それぞれの位置情報を送ると1つのマップに集約されるので便利です。

②投票機能が便利

スクリーンショット-2016-03-14-15.02.37

「Cola」には投票機能「Quick Poll」を使えば、スムーズな意見交換が可能です。

ある企画を進める際に簡単な採決くらいは、投票機能で遠隔でまかなえるため、いちいち個別の返事を待たずともスピード感をもって進めることができます。

③スケジュール管理がしやすい

スクリーンショット-2016-03-14-15.02.13

「When can we meet」でのスケジュール管理も便利です。

例えば、全体でミーティングをする際に日程調整などに活用できます。テキストでやるとりすると予定のすり合わせに時間がかかってしまいます。

ですが、「When can we meet」を使えばそれぞれが都合のいい日時をタップするだけなので簡単です。

④ToDoリストの共有ができる

もちろんToDoリストの共有も可能です。

自分の動きをリストにあげることで、チャット参加者にシェアすることが可能です。わざわざ予定確認の連絡をいれる手間が省け、お互いの時間を把握することができます。

まとめ

「Cola」の4つの便利な機能で仕事がスムーズにいくこと間違いなしですね。

ただ一点だけ問題なのが、日本のapp storeに対応していないということです。

これだけ便利なアプリなのだから是非日本にも対応してほしいですね!

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。