みんなでシェアしよう!

iPhoneにも3年の寿命があった!Appleが公式発表!

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

実はiPhoneにも耐用年数があることがわかりました。先日更新されたAppleの公式サイトの環境ポリシーページに記載されています。

それによると、、iPhoneの製品寿命は3年、アップルウォッチやアップルTVに関しては4年ということです。

Appleが自社製品にある程度の寿命基準を設けていたことに驚きです。

スポンサーリンク

iPhoneは3年。

pexels-photo

Appleはそれぞれの製品にモデルケースを想定しており、製品寿命を試算しています。

製品ごとの固有の使用パターンや、複数の製品の組み合わせによる使用データを導きだした結果、デバイス寿命はOS X製品とtvOS製品の場合は4年間、iOS 製品とwatchOS製品は3年間と想定しています。

水没や、不意に落とした時の故障などを含めずにiPhoneはだいたい3年の寿命だということです。

またMacBookは4年の寿命と想定されていることから、消耗品として位置付けているようです。

実際に考えてみると、iPhone 5S が発売された3年後にSEが発売されいます。

ちょうど5sの寿命が来た頃に同じような筐体のSEを発売となると、やはり3年の周期を狙っての発売の可能性が濃厚なようです。

もしかすると、このまま3年周期で同じような筐体の製品が発売されていくのでしょうか?

AppleはSEがコケているだけに同じ過ちを繰り返すのは避けるべきなのですが・・・。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。