みんなでシェアしよう!

大阪で万博開催が決定!!テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

2025年国際博覧会の開催国を決める博覧会国際事務局総会が11月23日にパリで開かれた。
日本時間24日未明に行われた加盟各国の投票で日本の「大阪」が選ばれた。
大阪では1970年以来55年ぶりの開催となり、大規模な万博としては2005年の愛知万博以来となる。
日本は過去の万博の開催実績や運営能力の高さなどが評価され、3カ国(アゼルバイジャン、ロシア、日本)による選挙に制した。

万博を立候補したのはロシア(エカテリンブルク)、アゼルバイジャン(バクー)、そして日本(大阪)の3カ国だった。
博覧会国際事務局に加盟する170カ国のうち、分担金を支払った156カ国が無記名で投票を行った。
1回目の投票で日本は85票を集め1位、その後の決選投票で過半数の92票を獲得し、大阪での開催を勝ち取った。

スポンサーリンク

開催時期

開催は2025年の5月~11月を予定している。東京オリンピックのちょうど5年後だ。
日本政府は2025年の万博の経済効果を全国で約2兆円と試算した。2020年東京五輪/パラリンピック後の日本の景気浮揚策に位置付けているようだ。

大阪府/大阪市は2025年の万博の会場となる大阪湾の人工島「夢洲(ゆめしま)」にカジノを含む統合型リゾート施設の開業を目指している。これから地下鉄や湾岸エリアなどのインフラ整備と再開発が加速するだろう。
会場建設費の約1250億円は国/府/市と経済界が3分の1ずつ負担するとしている。

テーマ

万博のテーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。
「最先端技術の実験場」をコンセプトに「人工知能(AI)」「仮想現実(VR)」などが体験できる内容となるようだ。
万博には150カ国の参加を見込んでおり、5月3日~11月3日の185日間で国内外から約2800万人の来場数を想定している。これは愛知万博時の約600万人を超える。
開催決定を受けた大阪府の松井知事は「世界がビックリするような万博にしたい」と意気込みを語った。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。