みんなでシェアしよう!

仕事帰りの疲れた体には電気を消して湯船に浸かる「闇風呂」が効果的!

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

電気を消して湯船につかる闇風呂が話題になっている。

疲れ目と脳の休息に効果があるとされ、ツイッターなどで拡散されている。

それでは「闇風呂」の方法と効果を紹介しようと思う。

スポンサーリンク

仕事帰りの疲れた体には「闇風呂」

名称未設定-1

闇風呂のやり方

やり方は非常にシンプルだ。

お風呂を真っ暗にして湯船に浸かるというもの。

もし暗いお風呂は危ないと感じるなら、安全なところにキャンドルで光を灯したり、脱衣所の電気をつけておけばいい。

お湯の温度は38〜40℃が好ましく長風呂は禁物だ。理由は交感神経が働いてしまいリラックスできなくなってしまう。

闇風呂の効果

闇風呂の効果は疲れた体を回復する。

闇風呂は湿度でドライアイが潤い目の血行がよくなり疲れ目を癒す。

暗いお風呂は脳が休む時間だと思って、自律神経がリラックスする。

現代人はPCやスマホの見過ぎで目が疲れがちだ。目の疲労は肩こりなど体の不調に影響してくるので、闇風呂で癒しておくのが得策だろう。

また光が遮断されている時は、疲れが取れるというのは医学的にも根拠のあることで、脳を安ませる効果がある。

もちろんお風呂にもリラックス効果はあるので、ストレスを取り除くことが可能だ。

まとめ

闇風呂には

・目の疲れを癒す

・脳を休ませる

・ストレスを解消する

この3点に効果があることはおわかりいただけたであろうか?

毎日自宅で簡単にできるので、ぜひ今日から初めてみて欲しい。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。