みんなでシェアしよう!

カフェテリアプランを導入するなら知っておきたいこと

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

福利厚生は社員の働きやすさを左右するのはもちろん、社員のモチベーションに影響するほか、求職者が企業を選ぶ際の一つの基準としても大きな役割となります。

特に最近では給与とりも福利厚生の良さを軸に考えて就職活動をする人が増えています。

ブラック企業がはびこる世の中で、いかに働きやすい環境に身をおくかが今の企業に対するニーズなのかもしれません。

企業にとって重要な福利厚生ですが、今回はカフェテリアプランの導入についてです。

スポンサーリンク

カフェテリアプランとは

pexels-photo-large

カフェテリアプランという名称は、好きな飲み物や食べ物をチョイスできるカフェテリアからきており、カフェテリアプランは外部のサービスをアウトソシングし、その企業があらかじめ用意した多彩な福利厚生メニューのなかから、従業員が自分に必要なものを選んで利用する制度です。

従業員は企業から“福利厚生ポイント”を付与されて、ポイントを消化する形で制度を利用するのが一般的です。

従来の福利厚生の現状

企業によっては素晴らしい福利厚生があるのも事実ですが、従来の福利厚生では、利用したいと思う項目がなかったり、年齢や性別によって受けれる福利厚生に差があるなど平等性に欠けるものがしばしば問題になります。

また福利厚生自体が一部の社員にしか使われず、名ばかりの制度になってしまい、あるだけの制度になっている企業もあります。またそういった企業では、そもそもそういった福利厚生が社員全体に周知されていないといったこともあるのが現状です。

カフェテリアプランのメリット

従来の福利厚生では起こってしまいがちなデメリットもカフェテリアプランの導入で解決できます。

まず、カフェテリアプランでは多様な福利厚生を選択ことができます。これにより、従業員のニーズにあった福利厚生を設けることができます。また、外部の企業に福利厚生の項目を任せることができますので、容易に改変や変更ができます。

次にポイント制を導入するため、年齢や性別に関わらず平等に福利厚生を受けることができます。ポイント制にすることで、今まで見えなかった福利厚生の利用頻度や回数、項目が社員自らで可視化できるようになり、自律的に促すことができます。

例えば、目標達成でボーナスポイントを付与したり、勤続年数に応じてポイントアップなど導入することで社員のモチベーションアップにつなぐことができます。

メニュー例

カフェテリアプランでは多くのニーズにあったメニューが用意されています。

主なメニューをまとめてみました。

・旅行、宿泊費用補助

・資格取得補助

・スポーツクラブ利用補助

・メンタルヘルス利用補助

・健康用具購入補助

・保育園、託児所補助

・歯科治療費補助

・人間ドッグ費用補助

・脳ドッグ費用補助

・健康用具購入補助

・保育園、託児所補助

・育児休暇

・介護保険補助

・生命、損害保険料補助

・住宅ローン補助

・提携ローン利子補助

・住宅融資利子補助

・住宅修繕費用補助

・新幹線、特急券補助

メニューは一例になりますが、育児や住宅補助などはもちろんのこと、歯科治療費補助や人間ドッグ費用補助など多様なジャンルのものが多いので、今まで魅力的に感じなかった福利厚生が並んでいた会社でも社員それぞれが魅力的に感じるメニューが必ず見つかるはずです。

導入の際の注意点

メリットの多いカフェテリアプランですが、まだまだ税制が整理されていないのが現状です。

これからもっとカフェテリアプランが企業に浸透していけば明確になっていくとは思いますが、特性上たくさんの福利厚生メニューがあるためそれぞれに課税・非課税が異なるので十分に考慮し判断してください。

まとめ

もしあなたに会社に魅力的な福利厚生がなければ、カフェテリアプランを導入することをおすすめします。

運営が福利厚生の運営が難しい会社でしたら、外部に任せてしまうのも一つの方法だと思います。

カフェテリアプランの導入なら「Benefit One」や「リロクラブ」をチェックしてみてはいかがでしょうか?

あなたの会社がより働きやすくなるためにカフェテリアプランの導入を一度検討してみることをおすすめします。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。