みんなでシェアしよう!

フリーランスの営業は「自分に興味を持つ人」を探そう

みんなでシェアしよう!

スポンサーリンク

フリーランスとして活動される、またはされている方の大きな悩みは「営業」だと思います。

企業に勤めていると営業担当がいますが、フリーランスとして独立すると全て自分でこなしていく必要があります。

まずフリーランスに転向して壁にぶちあたるのが「営業」という方が多いです。

まずは営業に対する意識を「自分を売り込む」から「自分に興味を持つ人を探す」に変えてしまうことで、フリーランス営業が楽になります。

スポンサーリンク

「自分に興味を持つ人」を探そう

そもそも飛び込み営業はうまくいくことは少ないのが当たり前です。

相手が興味を持っていないないものを、売り込むことほど大変なものはありません。

うまくいかないことを続けていると、メンタル面で影響が出てきます。

ですから今すぐ「自分を売り込む」ことをやめて「自分を必要としてくれる人」を探しましょう。

あなたのできることをSNSで発信していく

名称未設定-1

あなたの実績や作品を発信しましょう。

今ではSNSがあるため、拡散しやすくなっています。

特にフリーランスは組織に所属していないため、どんな仕事をしているのか理解してもらえないのが現状です。だからこそSNSでアピールすることが重要になります。

自分の仕事や実績を拡散することで、自分を知ってもらう機会を作りましょう。

SNSで拡散することによって、人とのつながりができ、それが結果的に仕事につながることがしばしばあります。

つながりから得た、仕事をSNSにアップし次の仕事につなげていけるサイクルができれば申し分ないでしょう。

そういったSNSの地道な活動が、あなたを必要とする人とマッチングする結果につながります。

交流会に参加する

startup-photos-large

交流会はビジネスチャンスがゴロゴロ転がっています。積極的に参加しましょう。

フリーランスに必要な人脈を作ることが簡単にできます。むしろ人脈を作る場ですから当たり前でしょう。

交流会にもコンセプトがそれぞれありますが、「異業種交流会」「同業種交流会」で仕事を見つける方法例があります。

異業種交流会に参加する

異業種交流会に参加する目的は、仕事を見つける動きをしましょう。

同業種交流会と違い、あなたが生業とする業種に全く知識のない人も参加します。例えばあなたがweb制作スキルがあるのであれば、全く知識のない人の相談に乗ることや、仕事依頼がくることがあります。

同業種交流会

同じようなフリーランスで仕事をしている人が集まる場所に参加することで、仕事が見つかります。多くの方が人脈を広げることを目的としてきますが、あなたは仕事を受ける目的で参加してください。

フリーランスはスキルによって特定の人に仕事が集まる傾向があります。もちろんその人気者でも捌き切れない仕事もあります。その方が受けられない仕事をもらいましょう。

こういった積み重ねが、あなたのたてたフリーランスでの目標に一歩一歩近づきます。

交流会の情報を得るならFaceBookなどのSNSはもちろんのこと、「Event Force」というサイトがオススメです。

スクリーンショット-2016-05-19-20.04.24

Event Force」はセミナーやイベント・交流会・勉強会などを掲載されいます。

掲載されているイベントは日にちや地域ごとで検索できるため、あなたに合ったものが必ず見つかると思います。

自分で勉強会やセミナーを開く

自ら勉強会やセミナーを開くのも、「自分を必要としている人」を探すきっかけになります。

高度なスキルや知識が必要になると思われがちで、なかなか開催するのをためらう方が多いですが、「初心者向けのセミナー」などスキルの低い方向けに開くことで、あなたの今ある知識で十分なものになります。

あなたが主催したセミナーには、あなたが専門としている仕事の知識やスキルを求めに訪れる方だけになるので、仕事の依頼がされやすいものになります。

もちろんその活動はSNSにアップすることで、たくさんの人に興味をもってもらうことができます。

まとめ

営業が苦手なフリーランスにとって自分に興味をもってもらうということは、仕事につなげるという大きな効果を生みます。

仕事をとるという意識が重荷になってしまっているなら、あなたがもつスキルや実績、活動を世の中に評価してもらうことから始めてみてはどうでしょうか?

ご紹介したものは、仕事を獲得する方法の一部分にすぎませんがあなたにあった営業方法を見つけていただければと思います。

私が思うフリーランスの理想は「欲しい仕事が勝手に舞い込んでくる」ことだと思いますので、今回ご紹介した「自分を必要としてくれる人」を探すことが一番の営業方法でしょう。

twitterフォロー
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。